FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

新宿の「超問題物件」売買の真相 売却金30億円が神戸山口組の資金に!? 

不動産業界では誰もが知る新宿の「魔窟」

 まさに「魔窟」である。

 ワケあり不動産には自信を持つ暴力団系不動産業者、事件屋、ブローカーが取引に挑み、枕をそろえて討ち死にしてきた物件がある。

 新宿駅南口から徒歩3分の約150坪。形状がよく、大通りに面していて交通至便とはいえ、「なんの変哲もない」というしかない土地だが、「真珠宮(しんじゅく)ビル跡地」といえば、不動産業界では知らない人がない。

 その「魔窟」が、また騒動に巻き込まれた。今度は山口組分裂騒動に絡むというのだからスケールは大きい。
 飛び交っているのは、次のような情報である。

 真珠宮ビル跡地の所有権者は、今も後藤忠政・元山口組後藤組組長。今回の山口組分裂騒動で、神戸山口組に心情的に肩入れしている後藤さんは、売却代金の30億円を神戸山口組の立ち上げ資金にしてもいいと考えている――。

 確かに、絶妙なタイミングで不動産登記簿謄本は動いていた。8月21日、新宿区西新宿に本店を置く不動産業振興協同組合(代表理事・三橋圭一)が、売買予約の所有権移転請求権仮登記を打っていた。

 仮登記のための手付金が3億円で、それを負担したのが九州の暴力団系金融業者だと言われていた。

 山健組井上邦雄組長ら13名が、神戸市の山健組に集まり、神戸山口組を結成したのは、それから6日後の8月27日。正確な売買代金は26億5000万円で残りの23億5000万円は、10月8日に決済されるという話だった。
.
「ウワサ」を補強する材料

 山口組分裂は、これまでも何度か仕掛けられている。

 その中で未遂に終わった最大のクーデターが、08年秋、井奥文夫井奥会会長や奈須幸則・3代目大門会会長が仕掛け、太田守正太田興業会長、浅川陸男・2代目浅川一家総長などが関わったものだった。

 十数名が集まり、謀議をした直後、執行部の知るところとなって、井奥文夫奈須幸則の両氏は最も重い絶縁処分となり、太田守正組長ら5名は除籍処分となって引退した。

 彼らは、司忍6代目の出身母体である名古屋の弘道会が、山口組の運営も人事も好き勝手に行い、しのぎも弘道会を優位にしていることへの不満をつのらせていた。武闘派で知られ、資力も戦闘力もある後藤忠政組長を押し立てるか共闘することで、弘道会執行部に対抗しようとしていた。

 大量処分の直前、後藤忠政組長が除籍を受けている。名目は「芸能人を集めた誕生日祝いのゴルフコンペやディナーショー」だったが、実態は、執行部批判を強める後藤氏を恐れ、引退に追い込む材料を探しており、それにうまくハマったに過ぎない。

 クーデターをともに仕掛けたわけではないが、弘道会支配への不満は同じ。後藤忠政組長は、日本を離れてカンボジアに暮らしているものの、日本と連絡は密にとっており、山口組への郷愁もある。神戸山口組への肩入れは、十分、考えられることだった。

 だが、10月8日の売買は成立しなかった。というのも、協同組合が残金の23億5000万円を用意できなかったのだ。

 資金的な背景がなかったということは、「後藤忠政組長の協力」という前提が崩れる、ということだ。後藤忠政組長周辺は「心情的に応援するのはわかるけど、今の後藤忠政組長が資金支援することはない」と、断言する。

魔窟売買、ウワサの真相

 では、魔窟売買の真相はどのようなものなのか。

 関わった不動産業者が明かす。

 「手付金を出したのは、千葉の建築関係業者で、『残金はなんとかするから』という口車に乗せられた。群がったのは、ブローカーたちで、金策に走り回ったけどダメ。本来なら手付金を没収されるところだが、5000万円の再手付を入れることで決済を1ヵ月、伸ばしてもらった」

 これほどの問題物件は見たことがない。

 06年3月、ビルの管理人が刺殺され、運転手役が逮捕され、実行犯が逃亡先のタイで射殺され、その教唆に問われた組織の組長は無期懲役の判決を受けている。後藤忠政組長は、不正登記で逮捕されて執行猶予付きの有罪が確定。ビル売買に絡む恐喝未遂容疑で暴力団幹部らが逮捕されたこともある。

 民事上の争いとなると無数。ブローカーや事件屋が書類を偽造、詐欺話をでっち上げてなにがしかの口銭を抜こうとする。その混乱の原因のひとつが、所有権者が後藤忠政組長で、カタギになって7年たっても、反社会的勢力の“縛り”を受けていることだろう。

 そこから抜け出すチャンスが、一度だけあった。

 土地の所有権は、後藤忠政組長の会社であるウォール→南口開発→ジェイエス合同と移転している。駅近くの物件を探していた大手量販店が、「問題物件」であることを知りつつ、この移転過程を調べたところ、南口開発もジェイエス合同も「反社ではない」ということで、今年2月3日、特別目的会社を立ち上げたうえで購入した。

 ところが、決済寸前に、所有権は移転していても、金銭は動いておらず、実際はウォールのままであることが判明。所有権者を明確にしていなかった「売り手責任がある」ということで契約は破棄された。

 その半年後に降りかかった今回の騒動。協同組合の「売買予約」の仮登記を外すために謄本は、現在、閉じられたままだ。それも騒動を長引かせている原因だが、それは神戸山口組とはまったく関係なく、「神戸山口組」に「後藤忠政除籍」と「現代の魔窟」を結び合わせた無責任な「三題噺」に過ぎないのである。

  
 

 | HOME | 


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事

リンク

アクセスランキング


アクセスランキング
rank.japandeep.com

ランキング参加は貴HPに
http://yakuzanews.blog36.fc2.com/
をリンクさせるだけ