FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

警官が撃った13発の一部、民家の壁に…犬射殺/千葉

 14日午前2時頃、千葉県松戸市日暮の路上で、「女性が犬にかまれた」と女性の知人から110番があった。

 松戸署地域課の3人が駆け付けると、犬は近くに住む飼い主の無職男性(71)の腕にかみついた。制止しようとした署員3人は犬に追いかけられながら約200メートル移動し、拳銃計13発を発砲。同市稔台の路上で犬を射殺した。

 発表によると、飼い主と、被害に遭った同市日暮のアルバイト女性(23)はいずれも左腕に軽傷を負った。犬は7歳の雄の紀州犬で、体長1メートル22、体重21キロ。

 署員3人は犬が倒れるまでの約10分間、交互に発砲した。その間、署員が転倒する場面もあった。同署の浜元裕彦副署長は「犬は凶暴で、被害の拡大が懸念された。拳銃の使用は適正で妥当だった」とコメントした。  一方で、銃弾は一部が住宅の壁にも当たり、新京成線近くの住宅街の住民は驚きを隠せずにいる。

 現場近くの主婦(34)は14日午前2時半頃、自宅2階から警察官が犬に発砲しているのを目撃した。バン、バンという花火のような音と、男性の慌てたような声で目覚めたという。犬はよろめき、路上に倒れた。

 この後、同署員から自宅が2発被弾したと聞いた。1発は壁の約2メートルの高さに当たり、もう1発は自転車を破損させた。主婦は「犬が人を襲ったと聞いて怖かったが、弾が家に当たったのもショック」と語った。

 射殺された犬は、14日午前0時頃、飼い主宅から逃げ出したことが確認されていた。同署によると、署員らが発砲する直前、同署からの連絡で飼い主が現場に駆け付け、腕にタオルを巻いて犬にかみつかせ、落ち着かせようとしていた。しかし、犬はタオルより上にかみつき、署員らは飼い主の承諾を得て発砲した。

 現場近くの主婦(56)は「シュッという大きな音が何回もして拳銃の音だと思った。暴力団抗争かと思い、怖くて外を見ることもできなかった」と話した。別の40歳代の主婦は「犬に13発も撃つのは、やりすぎ」と疑問を口にした。

 同署には、「13発も撃つ必要はないのでは」、「被害を防ぐには仕方ない」などの電話が多数寄せられた。飼い主の男性は取材に対し、「話すことはない」と語った。

  

 | HOME | 


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事

リンク

アクセスランキング


アクセスランキング
rank.japandeep.com

ランキング参加は貴HPに
http://yakuzanews.blog36.fc2.com/
をリンクさせるだけ