FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

山口組、「竹中組」名称を直系組織に復活 神戸山口組は会費“大幅値下げ”

 国内最大の指定暴力団山口組(総本部・神戸市灘区)の分裂問題で、山口組と脱退派が結成した神戸山口組による切り崩し工作が激化している。山口組が4代目組長の出身母体だった竹中組の名称を直系組織に復活させると、3代目組長時代への回帰路線を取る神戸山口組も直系組長の「会費」を大幅に抑え、30万~10万円にすることを決めた。2つの「山口組」がそれぞれの“正統性”や利点を訴え、様子見組の取り込みや組織の切り崩しを図っている。

 山口組関係者によると、山口組は12日までに竹中組出身者が率いる直系組織である柴田会(本部・兵庫県姫路市)を竹中組に改称することを決めた。

 竹中組は、竹中正久4代目組長が結成した山口組直系組織だったが、竹中組長が射殺された「山一抗争」の終結方法に不満を持った実弟の竹中武組長が山口組を離脱。山口組の激しい切り崩し工作に合い、2008年の武組長の死亡後は事実上、休眠状態にあった。篠田健市(通称・司忍)組長が6代目に就任した05年以降、復帰話が持ち上がったこともあったが、武組長の処遇をめぐり意見が合わず、見送られていたという。  元竹中組関係者は「柴田会の会長は山一抗争一和会会長宅を襲撃し、長期服役を終え、昨年直系組長に昇格した。組織への忠誠心が強く、今回の分裂問題でも『6代目について行く』といち早く表明していたようだ。ただ、山口組竹中組一和会会長の取り扱いなどをめぐり、ずっと対立していた。田岡一雄3代目組長時代への回帰路線を取る脱退派に対抗し、『こちらの方が正統である』と組内外へアピールしているのではないか。そうでないと、なぜ、今復活させたのか説明がつかない」と話す。

 脱退派に近い関係者によると、神戸山口組も動いた。毎月、直系組長が納める「会費」の大幅引き下げに踏みきり、役職などに応じ30万~10万円にした。

 さらに組トップに対する中元、歳暮、誕生祝いなどを禁止することも決め、ミネラルウオーターや石けんなど雑貨の強制購入も行わないという。

 今回の分裂の大きな原因は直系組長に毎月課せられる「会費」など厳しい経済負担だったとされる。

 山口組では直系組長に毎月約120万円の「会費」のほか、篠田組長への中元、歳暮、誕生祝い金として約300万円が特別徴収されており、年間の総負担額は2000万円以上にのぼっていた。

 元山口組系組長は「若い者(組員)が多いところはいいが、少ないところは借金して会費を納めるなど、苦しんでいた。これは謀反ではなく、一揆。現在の山口組の7~8割が勝ち馬に乗ろうと、様子見をしている状態だと聞いている。さすがに山口組も自らの非を認め、会費を急に下げることはできない。神戸山口組のほうが極道としての筋が通っていて、居心地がいいとなれば雪崩を打って出ていくのでは」と予測する。

 実際、今回の山口組の分裂劇は過去のケースとは異なり、脱退派も「山口組」を名乗り、代紋(シンボルマーク)も同一の「山」の文字を菱形にあしらった「山菱」を使用するなど、組の正統性を問う戦略を取っている点にある。

 ある捜査関係者も「どちらも山口組で、代紋も同じ。出て行くことに対して心理的なハードルは極めて低い。いずれにしても割れたことで、双方とも組織は不安定。しばらくは目が離せない」と話している。

  

 | HOME | 


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事

リンク

アクセスランキング


アクセスランキング
rank.japandeep.com

ランキング参加は貴HPに
http://yakuzanews.blog36.fc2.com/
をリンクさせるだけ