FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

<福岡市>入居中組員も退去対象 市営住宅条例

 ◇暴力団排除で条項改正

 福岡市は、市営住宅条例に2008年4月に設けた暴力団組員を退去させる条項を改正し、条項設置前から入居する組員にも適用させる方針を固めた。特定危険指定暴力団工藤会(北九州市)の壊滅を目指す福岡県警の捜査で暴力団排除の機運が高まったことなどを受けたもので、12月定例市議会にも改正案を提案する。

 現行の条例は、退去条項によって入居者が組員と判明すれば明け渡しを請求できる。福岡市は入居時に組員かどうかを県警の情報などに基づいてチェックしており、事実上組員は入居できない。

 一方で条項には、退去要求には「特段の事情」が必要とした08年当時の判例などを参考にした除外規定もあり、条項設置前に入居した組員は住民に対する迷惑行為をしない限り、退去を求められないことになっている。  しかし最高裁が今年3月、同様な条項が設置される前の入居組員に退去を求めた兵庫県西宮市の条例は合憲との初判断を示した。この判断に加え、県内の暴排機運の高まりなどを考慮し、福岡市は条項を改正して除外規定を取りやめて、退去条項を入居する全ての組員に適用させることを決めた。

 福岡市によると、条項設置前からの入居組員は現在数人とみられる。市の担当者は「退去させるだけではなく、県警と相談して、入居組員に暴力団からの離脱を促すなどの方法も考えたい」と話している。

 九州各県と北九州、熊本両政令市は既に全ての組員を同様な条例の対象にしている。

  

 | HOME | 


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事

リンク

アクセスランキング


アクセスランキング
rank.japandeep.com

ランキング参加は貴HPに
http://yakuzanews.blog36.fc2.com/
をリンクさせるだけ