FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

山口組に分裂の動き 傘下20団体、新組織を模索

>>同一記事
 全国最大の指定暴力団山口組(総本部・神戸市灘区)傘下の複数の2次団体が山口組から離脱し、新組織を結成する可能性のあることが27日、関係者への取材で分かった。兵庫県警も同様の情報を把握しており、真偽の確認作業を急ぐとともに警戒を強めている。

 捜査関係者によると、離脱するのは山健組宅見組(大阪市)、俠友会(兵庫県淡路市)など関西の組織が中心で、最大約20団体の参加が見込まれ、近く会合が開かれる可能性もあるという。人事構想が固まりつつあるとの情報もある。山健組山口組内の最大組織で、2千人の組員がいる。

 9月1日には総本部で「直参」と呼ばれる約70人の直系組長が集まる定例会が予定されているが、今のところ新組織に加わる組長は出席を見送るとみられる。  一方、27日朝から、執行部に位置付けられる複数の直系組長が総本部に集まる姿を県警が確認。ただ、離脱情報がある組長の姿は確認できていないという。県警は、こうした組長への処分も含め今後の対応が協議されているとみている。

 山口組は今年結成から100年となるが、節目に組織内の対立が表面化した格好。山口組をめぐっては、篠田建市(通称・司忍)組長が六代目に就任した2005年以降、同組長の出身母体である弘道会(名古屋市)の影響力が強まったとされ、捜査関係者の間では、こうした状況が分裂騒動の背景にあるとの見方が出ている。弘道会に近い組織は残り、前の五代目渡辺芳則組長(故人)の出身母体の山健組(神戸市)に近い組織が離脱する。

 六代目体制のもとでは08年、静岡県の2次団体だった後藤組後藤忠政組長が絶縁処分となり、反発したとされる直系組長約10人が一斉に処分された。

 山口組をめぐっては、昭和59(1984)年から平成元(1989)年にかけて、「山一抗争」と呼ばれる分裂抗争が起きた。警察当局は、今回分裂すれば、再び抗争が起きる可能性もあり、動向を注視している。

 山口組は全国最大組織の指定暴力団で、勢力は44都道府県に及び、組員は1万人以上。全国の暴力団の43・7%を占める。

  

 | HOME | 


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事

リンク

アクセスランキング


アクセスランキング
rank.japandeep.com

ランキング参加は貴HPに
http://yakuzanews.blog36.fc2.com/
をリンクさせるだけ