FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

ゼネコン幹部を“自腹”1300万円に追い込んだ暴力団の手口 組員と知ったときには遅かった

>>関連記事
 沖縄県の大型医療関連施設の建築プロジェクトをめぐり、スーパーゼネコン「大成建設」幹部が現金1300万円を脅し取られた。警視庁組織犯罪対策3課に6月、恐喝容疑で逮捕されたのは沖縄県の指定暴力団「旭琉会」幹部の高江洲良吉(たかえす・りょうきち)容疑者(64)=那覇市首里石嶺町=と職業不詳、古沢幸一容疑者(71)=福岡県大野城市大池=の2人。スーパーゼネコンの幹部社員は「自腹」で1300万円を捻出していた。なぜ、暴力団らの脅しに屈したのか。

■「天下の大成建設が…」

 沖縄県の中部で那覇市の北側、太陽が照りつけ、真っ青な海が近くに広がる浦添市。古来琉球王国発祥の地ともされる同市のある土地をめぐっては、ぎらついた陽光でも照らしきれないほどの闇がうごめいていた。

 大成建設は、那覇市の医療法人から浦添市に大型の医療施設を新設するプロジェクトへの協力を求められ、会社として動いていた。だが、プロジェクトは難航し、最終的に頓挫した。そのなかで、顔を突っ込んできたのが、地元の暴力団幹部である高江洲容疑者だった。  「天下の大成建設が…」

 「いつもやりますと言って、何もできてない」

 「ここまでなったのは、あんた(のせい)なんだから」

 平成26年11月から27年1月にかけ、大成建設医療福祉営業本部の男性統括営業部長のもとに、用地取得交渉の難航の責任を大成建設に求める執拗(しつよう)な電話攻勢が繰り広げられた。数えること数十回。かけたのは、高江洲容疑者だ。

 圧力はそれだけでは終わらない。さらに福岡県内の飲食店に呼び出された部長は、高江洲容疑者の知人である古沢容疑者から、脅し以外に取れない決めぜりふを告げられる。

 「5年前まで、『組』にいたんだ」「金が必要だ」

 「組」が暴力団を示すことはいうまでもない。いつ自分の体や、会社自体に危害が及ぶか分からない。部長は証券口座を解約するなどして会社に内緒で1300万円を捻出し、高江洲容疑者らの指示に従い、医療法人側の口座に振り込んだ。

 部長はほどなくして大成建設に告白し、大成建設が警視庁に相談した。組対3課は6月10日、恐喝容疑で高江洲容疑者と古沢容疑者を逮捕したが2人とも容疑を否認している。

 部長は組対3課に対し、「断ったら会社や家族が被害にあうと思い、怖かった」と打ち明けたという。

■受注狙い大型プロジェクトに全力も、計画はそもそも“綱渡り”

 プロジェクトは、順調に進めば大成建設が建設工事を受注することが予想され、会社として全力で取り組む理由としては十分だったとみられる。

 直接の発端は、医療法人が大型医療施設の新設のため、浦添市の漁協が所有していた3万平方メートルの用地に目を付けたことに始まる。

 ただ、3万平方メートル分の土地を買う資金が医療法人にはない。医療法人側は、漁協が所有する別の1万5千平方メートルの土地をまず購入して転売し、その転売益で3万平方メートルの土地を取得することを計画した。

 だが、転売の成功が計画の前提である時点で、計画は綱渡りだった。

 医療法人は25年9月、大成建設にこの土地の転売先を見つけるよう協力を依頼したが、条件が折り合わないなどして、大成建設も医療法人も転売先の獲得に失敗した。

 医療法人側は、取得した1万5千平方メートルの土地の売却代金すら支払うこともままならず、漁協側はすべての土地計画の契約を解除。プロジェクトは空中分解した。

 解釈のしようによっては、協力の依頼を受けた大成建設の失敗とも取れる。そこに暴力団が目を付けないわけはなかった。

■引きずり込む手口

 暴力団の影は、当初からちらついていた。実は、部長は高江洲容疑者とは20年ごろからの知人。大型のプロジェクトをかかえたこの医療法人の理事長と部長を引き合わせたのも、高江洲容疑者だったのだ。

 旭琉会は、23年に県内にあった二大勢力の暴力団が合流してできた、県内唯一の指定暴力団だ。構成員は県内だけで約500人。高江洲容疑者は、旭琉会の2次団体トップとして旭琉会の執行部にも名を連ねる実力者として知られていた。

 当初は高江洲容疑者を画廊経営者と認識していた部長だが、付き合いを重ねるにつれ、本人が暴力団であることに気がついた。しかし、そのころには、付き合いを断れるような状態にはすでになかった。

 理事長とも親しい高江洲容疑者は、医療法人とのプロジェクトが頓挫したことを知ると、部長にターゲットを絞り、医療法人側に金銭を支払うよう要求した。

 警視庁幹部は「コンプライアンスの厳しい昨今でも、暴力団はカネの匂いのすることにはなんでも手を突っ込む。今後も企業に巣くう反社会勢力は排除していく」としている。

  

 | HOME | 


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事

リンク

アクセスランキング


アクセスランキング
rank.japandeep.com

ランキング参加は貴HPに
http://yakuzanews.blog36.fc2.com/
をリンクさせるだけ