FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

「巧妙化しすぎて見破れない」振り込め詐欺の最新手口

 平成26年の認知被害件数は1万1256件。被害総額はなんと約379億7828万円! 振り込め詐欺被害が年々増えている背景には、詐欺の手口が巧妙化していることがあげられる。そこで、最新の詐欺の手口について防犯ジャーナリストの梅本正行さんに聞きました。

「最近の詐欺は暴力団などが介入してきており、ひとつの大きな“犯罪産業”として非常に巧妙になっています。“オレオレ”なんて“初心者レベル”ではありません。個人情報を調べあげたうえで行う“上級編”が始まっています。

 いま目立っているのは『上京詐欺』ですね。息子や孫を騙り“東京まで来てくれ”と、お金を持ってこさせ、指定場所に向かう途中に“自分が行けないので部下が行く”と言ってくる。そこまで来たら引くに引けず、お金を渡してしまう。

 もうひとつは『投資詐欺』。まず、名義貸しを促すような内容で1人目から“あなたでないと購入できない社債がある”といったような電話がある。承諾すると、2人目が弁護士もしくは警察として電話をかけてくる。“名義貸しは犯罪です。今あなたがお金を払って解決するなら罪にはなりません”とね。  どちらも2段階・3段階に仕込まれ、若者に年配、女性とありとあらゆる人物が出てくるから、トリックに引っかかるんですね。“トリック詐欺”といってもいい」(梅本さん)

 すでに「劇団並み」の演技力と組織力が備わった詐欺グループが多数存在していて、電話口で判断できないのが当たり前なレベルなのだそう。

 では、対策は?

「最近も年金情報が大量に漏れましたが、自分の情報はもう漏れていると思うべき。だからこそ、知らない番号からの電話には出ないことが何よりの対策です。

 最近は対策機能がついた家庭用電話も出ています。登録していない番号からの電話がランプの色でわかるので、出なければいいし、出ても自動で録音してくれる。手口の種類が膨大なので、電話機を変えることも手段です」(梅本さん)

 もはや「お金の話が出たら全部詐欺だと思うくらいがいい」と言う梅本さん。年金情報の流出を利用した詐欺は手口を練って「忘れたころにやってくる」そう……。気をつけて!

  

 | HOME | 


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事

リンク

アクセスランキング


アクセスランキング
rank.japandeep.com

ランキング参加は貴HPに
http://yakuzanews.blog36.fc2.com/
をリンクさせるだけ