FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

暴力団元組長「年寄り騙す今の若い連中にはついていけない」

 この6月に入って警察は関東最大のテキヤ組織で指定暴力団「極東会」(本部・東京都豊島区)の松山眞一会長(87)と、博徒系の指定暴力団「住吉会」(本部・東京都港区)の関功会長(69)を相次いで逮捕した。

 警察による執拗な暴力団撲滅作戦は、ヤクザの金集めの手段(シノギ)を変質させているという。ジャーナリストの伊藤博敏氏が現状をレポートする。

 * * *
 バブル期に山口組系企業舎弟だった人物が懐かしむ。

「(1992年施行の)暴対法の前と後では様変わりした。それまでは債権回収、企業の倒産整理、地上げ、総会屋を使った企業からの金集め、歌手や格闘技の興行など、合法な仕事は山ほどあった。今はすべてが非合法で、ちょっと動けばすぐにパクられる」  暴排条例の施行もあり、暴力団関係者が手を出せる「表の商売」は事実上なくなった。すると、彼らは「裏の仕事」でしか稼げなくなる。

 山口組が覚醒剤を扱うことを「御法度」にしているのはよく知られている。住吉会は2014年秋、会の規則に振り込め詐欺を禁止することを明記した。組員がそれらに手を染めれば破門になるという。

 それでも今、暴力団のシノギは覚醒剤と振り込め詐欺の2つが中核で、恐喝、売春、ノミ行為、裏カジノなどの博打が続く。住吉会系元組長が嘆く。

「シマを持ち、シマ内のことなら揉め事や厄介事を体を張って阻止する。その代わりに、みかじめ料をもらって地域と共存共栄を図る時代には、まだ俺たちの存在意義があった。年寄りを騙して稼ぐなんて、今の若い連中のやり方にはとてもついていけない」

 現在、警視庁組織犯罪対策課が内偵に注力しているのは、診療報酬不正請求事件だ。患者に治療を施した以上の診療報酬を国から詐取する組織犯罪で、中核は若手の暴力団構成員が多い。そこで、不正請求に協力するクリニックなどに患者を連れて行く役割を果たしていたのは、半グレと呼ばれる不良集団だ。

 半グレは暴力団構成員ではないので警察からマークされにくいものの、暴力性やそのネットワークは暴力団組織にも劣らない。いまや振り込め詐欺や不正請求事件の中心といっていい。

 資金力を増した半グレ勢力は都内の盛り場を中心に既存の暴力団と対立することもある。

 昨年7月、東京・赤羽の路上で中国残留孤児の2世、3世らで結成する不良グループ「チャイニーズドラゴン」のメンバーと、山口組系の組員ら10数人が入り乱れて乱闘し、人数の劣る山口組系組員1人が重さ8kgの木の板で殴られ、頭蓋骨骨折など6か月の重傷を負った。この事件ではこの5月に双方で計7人が逮捕された。

 警察の監視が厳しい暴力団構成員は組長ら幹部への波及を恐れて喧嘩できない。それに対して半グレには盃で縛る上下関係もなく、暴対法や暴排条例もないので当局による締め付けも厳しくない。半グレの中でも最大級のグループである関東連合のOBはこううそぶく。

「(構成員の)回状を回すとか、盃を交わすとかの決まりがないので、警察は我々1人ひとりを認定できない。だから風俗や飲食といった表の仕事もできる。

 一番確実な儲けはインサイダー取引です。それにはゲームソフトやアプリ開発といった勢いのある企業に入り込めばいい。我々なら暴力を使ってトラブル処理もできる。暴力団員なら企業に入り込むことなんてできっこない。今時、暴力団に入るのはバカですよ」

「暴力団壊滅作戦」の次に警察権力が見据えるべきは一般人の顔をして犯罪に手を染める半グレ集団の取り締まりだろうが、今はまだ野放し状態といっていい。

 前門には警察の執拗な睨みがあり、後門には台頭する半グレが控えている─狭間で揺れる暴力団はいよいよ追い込まれてきた。

 | HOME | 


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事

リンク

アクセスランキング


アクセスランキング
rank.japandeep.com

ランキング参加は貴HPに
http://yakuzanews.blog36.fc2.com/
をリンクさせるだけ