FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

【法廷から】婚約者の女性が乱暴され、仕返しした男に裁判官は…

「刑務所に行く覚悟はできていますか?」-。結審直前、裁判官は落ち着いた声で、被告にそうたずねた。証言台の前に立っていた被告は「はい」と答えつつも、動揺を隠すことができない様子で、顔を紅潮させていた。

 知人男性2人に殴るけるなどの暴行を加え、けがを負わせたとして、傷害の罪に問われた男性被告(25)の初公判を17日、東京地裁で傍聴した。

 丸刈りにグレーのジャージー姿で出廷した被告は、法廷に入ると真っ先に傍聴席の端に目をやった。そこには、胸の前で祈るように手を組んでいる身重の女性が座っていた。10月に入籍したばかりの被告の妻だった。公判中、おなかに手をやりながら、被告を心配そうに見つめていた姿が痛々しかった。

 検察側の冒頭陳述などによると、暴力団員である被告は9月21日、結婚が間近に迫っていた婚約者(現在の妻)に「結婚する前に、隠しごとがあれば話してほしい」と言ったところ、妻が今年4月、被告も知っている男性2人に酒を大量に飲まされて、無理やり性的関係を持たされたと告白したという。

 その話を聞いた被告は、「絶対許せない。謝罪させてやる」と怒りを爆発させ、知人男性の住むマンションに向かった。

 マンションに到着した被告は、「ヤクザの女と寝たら、どうなるか分かってるのか? 指を詰めろ。お前の女とやらせろ」などと怒鳴り散らしながら、2人に殴るけるなどの暴行を加え、全治約2週間のけがを負わせたという。被告は昨年、傷害罪で有罪判決を受けており、今回の傷害事件は、その執行猶予中の犯行だった。

 罪状認否で、被告は「間違いないです」と罪を認めた。

 情状証人として呼ばれた妻は、すでに臨月を迎えている重そうなおなかを両手で抱えるようにしながら、証言台に向かった。

 弁護人「入籍したのはいつ?」

 妻「10月2日です」

 弁護人「被告と親密な関係になったのはいつ?」

 妻「今年に入ってすぐです」

 弁護人「4月に、(今回の被害者2人に)酒を飲まされて、無理やり性的関係を持たされたいうことだけど…」

 妻「はい…」

 弁護人「そのときは、どんな感じでした?」

 妻「(飲まされたお酒の中に)薬が入っていたようでした…」

 弁護人「被告にこの話をしたことについて、今はどう思ってるの?」

 妻「まさかこういうことになるとは…」

 当初、知人男性2人のことを恨み続けていたという妻だったが、言われるがままに酒を飲んだ自分にも落ち度があると思い、この件については、もう忘れようとしていたという。

 しかし、その話を初めて聞かされた被告は、怒りを抑えることができなかった。

 弁護人「奥さんから話を聞いたときはどうでした?」

 被告「何も考えられない状態でした」

 弁護人「土下座とかで済ませようとは?」

 被告「考えられなかったです」

 弁護人「こういうことをやるのは、あなたがヤクザだからという見方をされると思うけど…」

 被告「これからは子供優先で…ヤクザからは足を洗おうと…」

 妻と、生まれてくる子供のために、暴力団から足を洗おうと決意し、所属組織にすでにその話を通してあるという被告。現在は、その返答待ちであるという。

 続いて、検察側の被告人質問が始まった。男性検察官は、被告に同情するような語り口で、質問を始めた。

 検察官「まあ、腹は立ちますよね?」

 被告「はい…」

 検察官「奥さんの言うこと、信じるっていうのも、男としては当然だよね?」

 被告「はい…」

 検察官「でも、話を聞いた後の次のステップをどうするかっていうのが、重要だったのは分かってますよね?」

 被告「でも、被害者も性的関係を持ったことを認めたんで…」

 検察官「でも、被害者を殴って怖がらせて聞いたんじゃダメでしょう? カッとするのが性分なの?」

 被告「あ…、はい…」

 検察官「執行猶予の意味、分かってる?」

 被告「そのときは考えられませんでした」

 検察側の被告人質問後、それまで黙ってやりとりを聞いていた裁判官がおもむろに口を開いた。

 裁判官「うーん…。『婚約者が、知人男性2人に無理やり、性的関係を持たされた』ということを知ったというところだけみたら、そういうこと(暴行すること)もあるかなって思うんだけど…。前の事件でも、相手に鼻骨と肋骨(ろっこつ)の骨折をさせてるよね?」

 被告「はい…」

 裁判官「これじゃあ、何か問題が起こったら、力に訴えると思われるよね」

 被告「はい…」

 裁判官「この事件は普通、刑務所行く話だもんねぇ…」

 裁判官は明言を避けたが、被告の「刑務所行き」は濃厚であるようだった。

 検察側は、懲役2年6カ月を求刑。傍聴席からは「思ったより長いな」という声が聞こえた。

 生まれたばかりのわが子を家族に迎え、3人で新たなスタートを切ることが果たしてできるのだろうか。執行猶予中の犯行ということを考えると…。その判決は来年1月9日に下される。(徐暎喜)

 | HOME | 


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事