FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

工藤会:トップら4人再逮捕 歯科医襲撃の疑い 福岡県警

 昨年5月に北九州市小倉北区で歯科医師の男性(30)が刺され重傷を負った事件で、福岡県警特別捜査本部は22日、特定危険指定暴力団「工藤会」(本部・小倉北区)トップで総裁の野村悟(68)、ナンバー2で会長の田上不美夫(58)の両被告=殺人罪などで起訴=ら4人を組織犯罪処罰法違反(組織的殺人未遂)容疑で再逮捕した。歯科医師の親族は歴代、地元港湾工事への暴力団の介入を拒んでおり、特捜本部は組織的な犯行とみて追及する。

 昨年9月に始まった工藤会に対する一斉捜査でトップの逮捕は、北九州市の元漁業協同組合長射殺事件(1998年)、福岡市の看護師刺傷事件(2013年)に続き3回目。

 この日、他に逮捕されたのは、ナンバー3で理事長の菊地敬吾(42)、理事長補佐の瓜田太(52)の両被告=看護師刺傷事件で起訴。逮捕容疑は昨年5月26日午前8時半ごろ、工藤会の活動として、小倉北区真鶴(まなづる)の駐車場で、車を降りた歯科医師の脇腹などを刃物で刺し、殺害しようとしたとしている。歯科医師は3カ月の重傷。特捜本部は4容疑者の認否を明らかにしていない。  菊地容疑者は野村総裁の出身母体で工藤会最大組織の田中組組長を務める。

 県警の尾上芳信・北九州地区暴力団犯罪捜査課長は22日、逮捕後に記者会見し、野村総裁の関与について「一連の捜査の中で工藤会の指揮系統などの解明に努めた。具体的にどのような指示があったかは公判で明らかにしていく」と述べた。特捜本部は野村総裁や田上会長の指示があったとみて解明を進める。

 歯科医の祖父は98年、工藤会系組幹部に射殺された元脇之浦漁業協同組合(現北九州市漁協)組合長、梶原国弘さん(当時70歳)。歯科医の父も港湾工事関連会社を経営しており、襲撃事件翌月の北九州市漁協組合長選の有力候補とされたが、立候補せず、現在は理事を務めている。

 尾上課長は「工藤会が組織的に北九州市若松区の港湾建設工事の経済的利益を得ようと考え、漁協関係者、歯科医の父親、親族に恐怖心を与えることでその利権を意のままに得て資金源を拡張しようとしたと考えている」と説明した。港湾工事に伴って漁業補償を得る漁協の人事に介入し、利権を得ようとした疑いもあるという。

 | HOME | 


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事

リンク

アクセスランキング


アクセスランキング
rank.japandeep.com

ランキング参加は貴HPに
http://yakuzanews.blog36.fc2.com/
をリンクさせるだけ