FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

工藤会:射殺実行役、事件直後に昇格 組織ぐるみで襲撃か/福岡

>>関連記事
 特定危険指定暴力団工藤会(北九州市)の理事長代行、木村博容疑者(62)が系列組幹部の殺人容疑で逮捕された事件で、実行役とされ、殺人罪で無期懲役が確定した工藤会系幹部、坂本敏之容疑者(46)=盗品等有償譲り受け容疑で再逮捕=が事件直後に組織内で昇格していたことが、捜査関係者などへの取材で分かった。福岡県警は木村容疑者の指示の下、組織ぐるみで襲撃したとみている。

 捜査関係者や確定判決などによると、坂本容疑者は木村容疑者が組長を務める工藤会系の津川組の幹部だったが、 2008年9月に同じ組の安高(あたか)毅幹部(当時66歳)が射殺された直後、組のより上位の幹部ポストに昇格した。坂本容疑者は周囲に「手柄を立てた」と自慢する一方、希望の地位には届かなかったため「人事が気に入らん」と不満を漏らすこともあったという。

 確定判決は、坂本容疑者が事件前、安高幹部襲撃を命じられていたという別の組員に対し「親分(木村容疑者)からは(組員が殺害を)できんやったら、お前がやれって言われとるけ」と木村容疑者の指示を示唆していたことを認定していた。

 一方、捜査関係者によると事件後、木村容疑者や津川組工藤会本部から処分が下されたことはなかった。工藤会では重要事項についてトップの野村悟被告(68)=殺人罪などで起訴=ら最高幹部の判断を仰ぐことになっており、県警は木村容疑者が事前に上層部の了解を得ていた可能性があるとみている。

 弁護士によると、木村容疑者は「身に覚えがない」と容疑を否認している。県警は24日、木村容疑者らを福岡地検小倉支部に送検し、津川組事務所など数カ所を家宅捜索した。

 | HOME | 


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事

リンク

アクセスランキング


アクセスランキング
rank.japandeep.com

ランキング参加は貴HPに
http://yakuzanews.blog36.fc2.com/
をリンクさせるだけ