FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

公営住宅の暴排条項は合憲 最高裁が初判断 「居住制限は合理的」

 暴力団組員の市営住宅への入居が発覚した際に明け渡しを求めることができるとする兵庫県西宮市の暴排条項の違憲性が争われた訴訟で、最高裁第2小法廷(千葉勝美裁判長)は27日、「入居対象者をどのような者にするかは自治体に裁量がある。暴力団組員への居住制限は合理的だ」として、暴排条項を「合憲」と判断、訴えられた男性組員側の上告を棄却する判決を言い渡した。全国の自治体で広がる公営住宅の同種条項に対して最高裁が初めて合憲判断を示した。

 同小法廷は、「暴力団組員が入居を続ければ、他の入居者の生活の平穏が害される恐れを否定できない」と指摘。「本人が暴力団を脱退することができるほか、市営住宅以外の居住を制限したわけではない」として、憲法が定める法の下の平等や居住の自由に反しないと結論づけた。

 同市は市営住宅に関する条例で「暴力団組員と判明したときに明け渡しを請求できる」と規定。平成17年に市営住宅の入居契約をした男性が指定暴力団山口組系組員であることが判明したとして、22年に明け渡しを求めた。男性組員側が応じず同市が提訴した。

 1審神戸地裁、2審大阪高裁はいずれも、条項が合憲と判断し男性組員に明け渡しを命じていた。

 | HOME | 


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事

リンク

アクセスランキング


アクセスランキング
rank.japandeep.com

ランキング参加は貴HPに
http://yakuzanews.blog36.fc2.com/
をリンクさせるだけ