FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

危険ドラッグ大量密造か

 県警が1月に摘発した中国からの危険ドラッグ密輸事件。逮捕された男4人の供述や拠点マンションの捜索、押収品の分析から、ドラッグビジネスの一端が浮かび上がってきた。大量の粉末や液体、精製用機材、密売に用いたとみられる偽名契約の携帯電話に宅配便の伝票――。県警は、押収したドラッグに麻薬が含まれていたとして、4日にも、4人のうち3人を麻薬取締法違反(営利目的所持)容疑で再逮捕し、全容解明を進める。

■最大級の工場

 1月14日午前10時過ぎ、埼玉県川口市のマンション一室に捜索に入った捜査員らは息をのんだ。約70平方メートルの3LDK。室内のいたるところに、サラダボウルに山盛りにされた粉末や液体が無造作に置かれていた。  粉末はドラッグの原料。これらを混ぜ合わせるなどして製品化し、小さな袋に小分けする。パッケージされたドラッグは2615点に上り、調合に使う機材も見つかった。取引に使っていたのか、架空名義で契約した携帯電話が13台。さらに、全国の危険ハーブ販売店など約50店のリスト、使用済みの宅配便伝票約100枚もあった。北海道から沖縄まで、宅配便やバイク便で「雑貨」と装い、密売していた形跡が残っていた。

 「これほどの規模だとは……」。マンションの監視を続けてきた捜査員らも驚く光景。国内で確認されたドラッグ密造工場としては最大級で、捜索は約10時間に及び、押収品は計約4000点を数えた。

■「やばい仕事…」

 薬事法(現・医薬品医療機器法)違反容疑で逮捕されたのは、いずれも東京都内に住む根本雅文(37)、馬場雄二(27)両容疑者ら4人。捜査幹部によると、両容疑者は「知らない」などと否認を続けているが、アルバイトとして雇われていたという岡幸平容疑者(40)と少年(19)は密造などの実態を語り始めている。

 少年ら2人が、それぞれ知人の紹介でアルバイトを始めたのは1年ほど前。2人の説明では、根本容疑者が全体の指示役、馬場容疑者が原料などの調達を担当していたとみられる。

 「葉片は1袋に3グラム。粉末と液体はプラスチック容器1個に0・5グラム入れろ」。2人は根本容疑者の指示を受け、原料の小分けや調合などをしていたという。1日12時間勤務で時給1500円。「ドラッグで死亡する人のニュースを見て、やばい仕事だからやめたいと思っていた」。少年は、捜査員にそう話した。

■転々と拠点移し

 国際宅配便で成田空港に危険ドラッグが密輸されたのは昨秋。届け先は、川崎市内の実態のない会社だった。税関から通報を受けた県警は、一緒に届いた別のドラッグの流れを監視。東京・池袋駅近くのマンションが拠点だと突き止めた。バイク便業者らの出入りも確認したが、部屋の賃貸契約期間はわずか4か月。昨年12月には川口市のマンションに移った。拠点を特定されないよう移動を繰り返していたと県警はみている。

 根本容疑者らの売り上げや密輸・密売ルートの詳細、背後に暴力団の存在がないかなど未解明の部分も残る。県警は4日にも、岡容疑者を除く3人を麻薬取締法違反容疑で再逮捕するとともに、資金管理用とみられるパソコンの解析などを進め、全容解明を目指す。

 | HOME | 


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事

リンク

アクセスランキング


アクセスランキング
rank.japandeep.com

ランキング参加は貴HPに
http://yakuzanews.blog36.fc2.com/
をリンクさせるだけ