FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

愛知県警:侵入盗やりたい放題…窃盗団対策専門チーム発足

 愛知県警は9日、窃盗団対策を専門にしたチームを発足させた。同県は空き巣などの侵入盗の認知件数が8年連続全国のワースト。高級住宅街を荒らし回る複数の窃盗団の存在が指摘され、暴力団とのつながりもちらつく。対策チームは専従140人を含む計約220人体制。県警は「摘発しても次から次へと別の窃盗団が現れる『もぐらたたき』が続いていたが、この状態に終止符を打つ」と窃盗団壊滅に総力を挙げる。

 県警が2013〜14年にかけて摘発した窃盗団の手口は巧妙だった。防犯カメラに映っても身元が特定されないよう、黒服や目出し帽で服装をそろえる。バールで手際よく窓などをこじあけ、数分で犯行を終えて逃走する。2012年9月以降、少なくとも約600件(被害計約6億円)の犯行が繰り返された。指示役の指定暴力団山口組系組織の元幹部((45)=窃盗罪などで公判中=は3グループ12人を束ねていたとされる。

 窃盗犯捜査は従来、刑事部捜査3課の役割。だが組織化、巧妙化する犯行に対応するため、対策チームには暴力団捜査を担当する組織犯罪対策局のほか交通部、生活安全部からも捜査員を集めた。それぞれの専門知識を生かし情報を共有する。  県警によると、県内には約10グループの窃盗団が存在するとみられる。暴力団や暴走族に関わっていた「半グレ」と呼ばれる非行集団が加わっていることがあり、末端メンバーが逮捕されても半グレ集団から補充され、犯行を継続するのが特徴という。模倣犯も後を絶たない。

 対策チーム発足式で木岡保雅本部長は「スピード感のある捜査で、窃盗グループや背後にある組織を徹底的に検挙してほしい」と訓示した。

 | HOME | 


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事

リンク

アクセスランキング


アクセスランキング
rank.japandeep.com

ランキング参加は貴HPに
http://yakuzanews.blog36.fc2.com/
をリンクさせるだけ