FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

名古屋の女密売人逮捕 片町覚せい剤事件 県内で譲渡疑い

 金沢市片町などで覚せい剤が組織的に密売された事件で、金沢中署や石川県警組織犯罪対策課などの合同捜査班は8日までに、県内最大規模の密売グループに覚せい剤を売り渡したとして、麻薬特例法違反の疑いで名古屋市内の40代女を新たに逮捕した。捜査関係者への取材で分かった。女はまとまった量の覚せい剤を定期的に密売グループに譲り渡していたとみられ、合同捜査班は背後に暴力団が関わっている可能性があるとみて流通ルートの解明を進める。

 合同捜査班は新たに、密売グループから覚せい剤を購入したとして、石川県内などの客の男女6人を覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕していたことも判明。一連の事件の逮捕者は四十数人に上り、県内では過去最大規模の逮捕者数となった。

 捜査関係者によると、女は今年2月、密売グループのリーダー格とみられる金沢市野町1丁目、自称塗装業藤本高志被告(57)=麻薬特例法違反罪で起訴済み=や仕入れ役のメンバー数人に対し、宅配便を利用して覚せい剤約50グラムを約60万円で譲り渡した疑いが持たれている。  捜査関係者によると、女は数年前から、藤本被告ら密売グループに対し、数十グラム単位のまとまった量の覚せい剤を1グラム当たり約1万2千円で定期的に売り渡していたとみられる。藤本被告らは、片町の深夜営業の飲食店に出入りして口コミで客を募り、片町周辺の路上や金沢市内の商業施設の駐車場などで、客に1グラム当たり3万数千円で売りさばいていた。

 合同捜査班は今年3月に藤本被告ら密売グループのメンバー数人を逮捕。メンバーの交友関係や関係先から押収した宅配便の配達記録などから入手ルートの捜査を続け、女から覚せい剤が流れていることを突き止めた。

 合同捜査班はこれまでに、密売グループから覚せい剤を買った30~50代の客三十数人を特定し、覚せい剤取締法違反容疑などで逮捕した。

 | HOME | 


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事

リンク

アクセスランキング


アクセスランキング
rank.japandeep.com

ランキング参加は貴HPに
http://yakuzanews.blog36.fc2.com/
をリンクさせるだけ