FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

大阪府警の失態をスパイが告白? 売買見逃した拳銃3丁がまだ野放し状態

>>関連記事 
 今年5月、大阪市内に住むA被告が拳銃保持のため、銃刀法違反容疑で逮捕された。そのA氏から届いた大量のノートや手紙には、自身が大阪府警の「スパイ」であり、大阪府警のB刑事が拳銃6丁の売買を目の前で見ていたことも明らかにされていた。

 売買の数日後、拳銃の買い主が大阪市内のA被告の家を訪れ、購入した拳銃のうち5丁を預かってほしいと依頼。このとき、1丁はすでに転売されていた。A被告は断り切れずに5丁を預かったが、ほどなくして買い主によって2丁が転売された。

 A被告はこうした経緯をB刑事に逐一、報告していたという。

<無碍に断ると怪しまれるし情報も取れなくなると思い、銃を預かりBさんに報告したら捜査の延長線上の事なので咎めたりもなく「そうですか」と黙認してくれました>  異変が起きたのは5月2日午後。A被告は突如、自宅を奈良県警に捜索されたのだ。拳銃3丁と実弾を発見されたA被告は、銃刀法違反容疑で逮捕された。奈良県警の捜査員は逮捕時に、「大阪(府警)と何やっとったんじゃ! 大阪に助けてもらえや!」と大声で叫んだという。

 A被告は奈良地検の聴取に対し、自分が大阪府警の「S」であったことを明かしたという。A被告はノートにこうも綴っている。

<(奈良地検の検事は)Bさんも呼び出して事情聞いたところ、「総て事実だった」と私の所に結果報告しに来て安心してたのに「それでも違法に所持していたのは免れない」として起訴されました>

 B刑事を聴取したのかなどについて奈良地検に事実関係を確認したが、次席検事が「公判への影響が懸念されるためお答えは差し控えます」と、回答を拒んだ。

 逮捕から半年が経つ今もA被告の初公判は開かれていない。

<こんな目にあうくらいなら(中略)ホテルの時に職質をかけて現行犯逮捕しておいて欲しかったです。捜査方針の誤りにより本来逮捕されるべき暴力団関係者を見逃して協力者が犠牲になるという本末転倒の結果もそうですが、それ以上に私が心配するのは3丁のけん銃がどこかに消えてしまった事実です。今後犯罪に使われる可能性を考えると自責の念で一杯です>

 | HOME | 


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事

リンク

アクセスランキング


アクセスランキング
rank.japandeep.com

ランキング参加は貴HPに
http://yakuzanews.blog36.fc2.com/
をリンクさせるだけ