FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

細江署元刑事、覚せい剤譲渡を全面否認/静岡

>>関連記事
 覚せい剤譲渡に関与したとして、覚せい剤取締法違反の罪に問われた細江署元刑事、無職の男(40)=浜松市北区、懲戒免職=の初公判が30日、静岡地裁(大村陽一裁判官)で始まった。元刑事は「私は無実です。共謀していません」と起訴内容を全面的に否認し、無罪を主張した。

 起訴状などによると、元刑事は4月12日夜、元暴力団組員の男(44)=同罪で公判中=と共謀し、浜松市天竜区で、元暴力団組員の知り合いの30代の男性に覚せい剤の粉末約0・1グラムを無償譲渡したとされる。実際の譲り渡しは元暴力団組員が行ったとされる。

 弁護側は、元刑事は男性を逮捕する目的で、元暴力団組員とともに「覚せい剤の売人と男性を引き合わす計画」を立てたにすぎず、男性に覚せい剤を譲渡する計画を元暴力団組員と事前謀議した事実はない、と主張した。  元刑事が元暴力団組員に渡したとされる捜査費4万円の名目についても、「売人に関する情報提供の謝礼と、東京から浜松に来る売人の交通費」だったと主張し、「男性に譲渡する覚せい剤の購入資金」だったとする検察側と対立した。

 一方、検察側証人として出廷した元暴力団組員は「元刑事の指示で覚せい剤を男性に渡した」と述べ、譲渡直前にも「今夜間違いなく渡します」などと元刑事に複数回メールした、と話した。検察側も冒頭陳述で、元暴力団組員が覚せい剤の購入資金として4万円を求めたところ、元刑事はメールで「なんとか出してもらえることになった」と送信したとし、覚せい剤購入資金との認識があったと指摘した。

 | HOME | 


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事

リンク

アクセスランキング


アクセスランキング
rank.japandeep.com

ランキング参加は貴HPに
http://yakuzanews.blog36.fc2.com/
をリンクさせるだけ