FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

原発偽装請負報道、朝日記事の名誉毀損を認定/福岡

>>関連記事
 2012年の関西電力大飯(おおい)原子力発電所(福井県)での偽装請負事件に絡み、指定暴力団工藤会側に1億円以上が流れた疑いが強いと報じた記事について、北九州市の建設関連会社と社長の女性が朝日新聞社と福岡県に3300万円の損害賠償などを求めた訴訟で、福岡地裁小倉支部(野々垣(ののがき)隆樹(たかき)裁判長)は16日、原告側の請求を棄却する判決を言い渡した。

 野々垣裁判長は、「記事は真実との証明がない。十分な取材を尽くしたと言えず、真実と信じる相当の理由があったとも認められない」として会社に対する名誉毀損(きそん)の成立を認めたが、「損害が発生していない」として賠償は命じなかった。

 問題となったのは、12年2月3日の朝日新聞西部本社版朝刊1面(東京、大阪両本社版は朝刊社会面)の記事。朝日は捜査関係者5人からの取材などを基に「記事は真実」と主張したが、判決は、約1億円の資金供与疑惑が捜査機関の公式発表ではなく、捜査関係者1人からもたらされたものだとして、「更なる裏付け取材を行うべきだった」と指摘した。  一方、判決は、工藤会系組長の妻である女性の会社が11年に福岡県警から暴力団関連企業として公表され、県の工事から排除されていたことなどを挙げ、記事による減収は認められないと結論。女性については、記事により社会的評価は低下していないとした。

 原告側の代理人弁護士は「判決をよく読んだ上で、今後の対応を協議したい」と話している。

 朝日新聞西部本社統括センターの話「主張が認められなかった部分もあるが、請求を棄却した判断は妥当と受け止めている」

 鍛治田敬(たかし)・福岡県警首席監察官の話「主張が認められた」

 | HOME | 


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事

リンク

アクセスランキング


アクセスランキング
rank.japandeep.com

ランキング参加は貴HPに
http://yakuzanews.blog36.fc2.com/
をリンクさせるだけ