FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

「違法捜査」起訴取り消し 地検浜松支部/静岡

◆細江署覚せい剤 譲り受け男性

 静岡県西部の三十代男性に覚せい剤を譲り渡したとして、細江署の巡査部長横山彰一容疑者(39)が逮捕された事件で、静岡地検浜松支部は十七日、覚せい剤取締法違反(使用)罪で起訴された男性の公訴(起訴)を取り消し、静岡地裁浜松支部が公訴棄却を決定した。静岡地検の佐藤洋志次席検事は「(横山容疑者の)捜査の違法性が強まり、公訴の維持が困難だと判断した。男性への謝罪の要否も含めて適切に対応する」と説明した。

 静岡地検は同日、横山容疑者と元暴力団組員の四十代の男を同法違反(譲り渡し)罪で起訴した。

 横山被告は共謀の容疑を否認しているが、「一人でも多く検挙したかった」との旨の供述をしており、捜査実績を上げるための犯行だったとみられる。細江署では横山被告が薬物捜査を担当していた昨年一年間に同法違反容疑での摘発はなく、四月に入ってからも今回の一件だけだった。

 捜査関係者によると、横山被告は元組員の男に入手させた覚せい剤を三十代男性に譲渡。その三日後に男性方を家宅捜索し、同法違反容疑で摘発していた。男性の尿からは譲渡した覚せい剤と一致する成分が検出された。横山被告はこの不正な捜査で県警の捜査費数万円を使っていた。

 起訴状によると、二人は共謀の上、四月十二日ごろ、浜松市天竜区の路上に止めた車内で三十代男性に覚せい剤約〇・一グラムを無償で譲り渡したとされる。男性は同十三日ごろに自宅で覚せい剤を使ったとして逮捕され、同支部が起訴後に釈放していた。

◆県警「厳粛に受け止める」

 横山被告の起訴と、覚せい剤を譲り受けた男性の公訴棄却を受け、県警の伊藤博文首席監察官は「厳粛に受け止める。迅速に全容を解明し、処分と再発防止を適切に行い、県民の信頼回復に努める」とコメントを出した。

 県警監察課は今後、横山被告が過去に関わった捜査についても不正の有無を調査し、結論がまとまった段階で同被告を処分する方針。これまでの捜査で横山被告の他に関与した捜査員はいないとみているが、上司らの監督責任なども調べる。

 男性に対する捜査の違法性が強まり、検察が公訴取り消しを求めたことに、監察課の幹部は「謝罪するかを今後検討し、適切に対応したい」と話した。

 | HOME | 


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事

リンク

アクセスランキング


アクセスランキング
rank.japandeep.com

ランキング参加は貴HPに
http://yakuzanews.blog36.fc2.com/
をリンクさせるだけ