FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

姫路ゆかたまつり、露店700から32に/兵庫

 西日本最多という700以上の露店が軒を連ね、20万人前後が繰り出す兵庫県姫路市の「姫路ゆかたまつり」(22~24日)が、今年から出店エリアを大幅に縮小する。露天商を仕切っていた組合が昨年、暴力団への資金提供問題で解散したのを機に、にぎわいより、地元の人たちが楽しめる祭りへと様変わりすることになった。露店数は32店へ激減するが、江戸時代に始まったとされる祭りの本来の風情に戻るという。

 ゆかたまつりは、江戸時代中期に姫路藩が、城内にあった長壁おさかべ神社を城下に移し、遷座祭を行ったことが起源と伝えられる。浴衣姿の庶民らが城下をそぞろ歩く様子が季節の風物詩になっていた。

 第2次大戦後に拡大し、最近は3日間の期間に14万~21万人が訪れる一大イベントに。市が事務局を担う振興協議会が、パレードやゆかたのファッションショーも開催。露店もにぎわい、〈1〉JR姫路駅と姫路城を結ぶ大手前通り(約800メートル)〈2〉大手前公園(2・5ヘクタール)〈3〉長壁神社の周辺――の3か所の出店エリアに昨年は722店が集まった。

 ところが各露店の出店を取り仕切っていた県神農しんのう商業協同組合傘下の姫路神農会が、組合の解散に伴って消滅。住民から「昔の姿に戻してほしい」などの意見が相次ぎ、長壁神社周辺に出店を制限することになった。露店は130店を公募したが、応募は3割程度だった。

 人出も10万人に減少すると見込まれ、昨年までの常連で今年は店を出さない露天商の50歳代男性は「いつもの場所に店を出せないし、客足が読めない」と話す。

 地元商店街は露店の代わりに、販売ブースを店先に設けるよう各店に呼びかけている。西二階町商店街振興組合・垣内睦彦理事長(51)は「露店がここまで減るとは想像しなかった。祭りが廃れないようにしたい」と言う。

 十数年前には会場周辺に暴走族が集まるなどして県警機動隊員と衝突したこともあり、振興協議会の長谷川国雄会長(73)は「城下町の祭りを、将来の担い手となる子供たちが安心して楽しめるようにする」と話している。

 | HOME | 


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事

リンク

アクセスランキング


アクセスランキング
rank.japandeep.com

ランキング参加は貴HPに
http://yakuzanews.blog36.fc2.com/
をリンクさせるだけ