FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

「芸能人はシャブ好き」密売組長が明かす芸能界との蜜月

「CHAGE and ASKA」のASKA容疑者の事件で、芸能人と覚醒剤の関係が注目されるようになった。その実際について、密売にかかわる人間に話を聞いた。

「おれもシャブ(覚醒剤)は大好きだが、芸能人はそれ以上だ」

 関東北部の暴力団や薬物常習者の間で、「薬局」「クスリ屋」と呼ばれる組長は、そう言った。

 ある指定暴力団に連なる小規模な組織を率い、シノギ(資金獲得手段)の柱に覚醒剤密売を据えている。

 欲しくてたまらないときに、いつでも確実に売ってくれる。だから「薬局」などと頼られている。取材の橋渡しをしてくれた元暴力団幹部が、異名の由来を解説した。

 還暦をかなり過ぎた組長は、自身も覚醒剤を使う。

「そりゃあんた、セックスの快感が増すんだ。これがみなさんに愛される最大の理由だよ」

 小指の一部がない手で、焼酎入りのコップを握りしめながら、芸能界とのかかわりを話し始めた。

 覚醒剤使用で逮捕歴が複数ある女性タレントの名を挙げ、「おれたちシャブ仲間の間で有名。『分けてやればセックスできる』って」

 ある日、多めにあげるよと声を掛け、ホテルに呼び出した。粉末10グラム入りの袋を渡すと、いそいそとバッグにしまった。1回の使用量は0.03グラムとされるから、333回分だ。

 満面の笑みを浮かべる彼女に、「人気者だったあんたが、なんでこんなことを」と聞くと、転落の経緯を話した。交際した男がヤクザだった。芸能活動に行き詰まりを感じていた。「気持ちが晴れるよ」と勧められた薬物を、遊び半分で使った。覚醒剤だった。

「はまっちゃった。仕事なんてどうでもよくなった。お金がないから、体を売ってクスリを手に入れているの」

 更生の場であるはずの刑務所も、芸能人との出会いの場だ。この組長が覚醒剤の所持や使用の罪に問われ、北関東の刑務所に入ったときのことだ。テレビで見覚えのある男がいた。

「◯◯かい?」
「はい」

 歌手として、一時人気を博した男だった。同じ罪名で先に入っていた。すぐに親しくなった。組長は自宅の電話番号を教え、「ここ出たら、いい付き合いしような」と告げた。

数年後、出所した組長に男から電話があった。

「覚醒剤ありますか?」

 配下の組員が、覚醒剤を定期的に届けるようになった。

 | HOME | 


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事

リンク

アクセスランキング


アクセスランキング
rank.japandeep.com

ランキング参加は貴HPに
http://yakuzanews.blog36.fc2.com/
をリンクさせるだけ