FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

発砲事件で組長に無罪 福岡、共謀「関与の証拠なし

 福岡県飯塚市で2011年に建設会社が銃撃された事件で、実行役と共謀したとして建造物損壊と銃刀法違反の罪に問われた指定暴力団太州会(本部・同県田川市)系組長山本修二被告(44)に、福岡地裁は5日、無罪判決(求刑懲役7年)を言い渡した。松藤和博裁判長は「被告が指示した疑いは濃厚であるものの、被告以外が指示した合理的な疑いを払拭(ふっしょく)することができない」と述べた。

 同じ罪に問われた組幹部の山本竜輔被告(33)に対しては、共謀を認め懲役4年6カ月(求刑懲役6年)を言い渡した。

 判決によると、竜輔被告は実行役の元組幹部(40)=両罪で懲役3年6カ月の判決を受け上告中=と共謀して、11年9月6、7両日の未明、飯塚市の建設会社事務所に散弾銃で計4発を発砲し、壁や倉庫のシャッターを損壊した。

 実行役との共謀が成立するかどうかが争点だった。検察は、犯行に使われた車のタイヤ代が組の経費から支出されていたことや太州会の意向を受けたとみられることなどから「組長である修二被告が、竜輔被告を介して実行役に指示した以外考えられない」と主張。修二被告の弁護人は「犯行を共謀した事実は存在しない」と無罪を訴えていた。判決は「修二被告の具体的な指示や関与の存在を明らかにする証拠は見当たらない」と指摘した。

 | HOME | 


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事

リンク

アクセスランキング


アクセスランキング
rank.japandeep.com

ランキング参加は貴HPに
http://yakuzanews.blog36.fc2.com/
をリンクさせるだけ