FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

「これまで以上に結束を」・・・久留米で暴力追放大会/福岡

 久留米市で1日に開かれた暴力追放市民総決起大会。2006年5月に指定暴力団道仁会の会長人事を巡って起きた内部分裂から発展した抗争事件は、2年半を経ても終結には至っておらず、市民約2300人が一致団結し、暴力追放の決議文を採択した。

 道仁会を巡っては、昨年11月、佐賀県武雄市で入院中の男性が暴力団関係者に間違われて射殺される事件も起きた。今年8月には久留米市民約600人が本部事務所の使用差し止めを求め、福岡地裁久留米支部に仮処分を申請。道仁会側は争う姿勢を見せている。

 同市の東町公園で開かれた大会では、江藤守国市長が「道仁会の手前勝手な行為は決して許されない。安全安心な地域づくりのため、これまで以上に力強く結束をしよう」と呼びかけた。久留米署の久恒定範署長も「道仁会と九州誠道会(大牟田市)は今も緊張状態にある」とし、「行政や市民が一体となって暴力団の活動を監視し、活動しにくい環境をつくることが重要」と語った。

 久留米市校区暴力追放推進協議会連絡会議の溝口寛会長が「根気強い暴力追放運動を展開し久留米からあらゆる暴力をなくすまで全力を尽くす」とした決議文を朗読し、拍手で採択した。佐賀県鳥栖市の橋本康志市長は「みやき町に本部事務所が移りそうだという話は青天のへきれきだったが、本部事務所がどこだということより暴力団を追放し、安全な町を取り戻すことが必要。みんなで協力して対応を進めたい」と話した。

 | HOME | 


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事

リンク

QRコード


QR