FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

事故偽装8000万円詐取/千葉

4年で9件容疑の39人逮捕
 県内などで9件の交通事故を偽装し、損害保険会社から保険金計約8000万円をだまし取ったとして、39人が詐欺容疑で県警に逮捕されていたことが27日、わかった。知り合いを通じて、数人のグループをつくっては、故意に乗用車同士を衝突させる事故を繰り返していたといい、県警は被害総額は1億円を超えるとみて、詳しく調べている。

 逮捕されたのは、船橋市八木が谷、鉄骨業渡部政邦容疑者(32)、鎌ヶ谷市東道野辺、食品加工業高橋智也容疑者(34)、四街道市もねの里、建築業久保田滋之容疑者(38)ら男女39人(うち32人は詐欺罪で起訴)。

 発表によると、渡部容疑者ら7人は共謀し、2004年2月29日午後6時20分頃、四街道市大日の県道交差点で、久保田容疑者の運転する乗用車に、高橋容疑者の運転するワゴン車をわざと追突させ、損害保険会社(東京都渋谷区)から治療費や休業補償名目などで約900万円をだまし取った疑い。調べに対し、7容疑者は「遊ぶ金ほしさにやった」と供述しているという。

 事件は今年1月、保険会社から「同じ人が何度も人身事故を起こしている」と、県警に情報提供があったことから発覚した。最初の偽装交通事故は02年1月に鎌ヶ谷市で起こされ、暴力団関係者などの5人が、故意に乗用車同士を正面衝突させ、保険金約500万円をだまし取ったとされる。その後、知り合いを通じて、新しい組み合わせのグループが次々とでき、「加害者役」と「被害者役」に分かれ、06年2月までの間に柏市や船橋市などの県内や埼玉県で交通事故を偽装。うち、4件の偽装事故に関与した男もいたという。

 05年5月に松戸市内で起こした偽装事故では、元暴走族の男が「いい金もうけがある」と知人などを誘って、コンビニ店に集合。追突の方法などを指示していたという。

 | HOME | 


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事