FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

着服金で組結成企て 3被告再逮捕/徳島

阿南東部土地改良区の横領玉井被告漏らす
 阿南市の阿南東部土地改良区で巨額の事業資金が着服された事件で、指定暴力団山口組・二代目倉本組阿洲会幹部、玉井鉄男被告(33)(業務上横領罪で起訴)が、周囲に「新しい暴力団組織を作って独立したい」と漏らしていたことがわかった。県警は玉井被告が、着服金を軍資金に自分の組を作ろうとしていた可能性もあるとみて追及する。県警は5日、玉井被告と元職員の大川ひとみ(60)、長男の悦史(よしふみ)(32)(いずれも同罪で起訴)の両被告を約4億6000万円を着服していたとして業務上横領容疑で再逮捕した。

 関係者によると、玉井被告は悦史被告を通じて着服金を手にするようになった2006年10月以降、周辺の知人らに「独り立ちしたい」などと吹聴。今年に入り、着服金で阿南市内に住宅など複数の建物を新築したり、大型家電などを次々購入したりしており、県警はこの一部を事務所として使用しようとしていたのではないかとみている。玉井被告は依然、「(悦史被告から受け取った金は)着服金とは知らなかった」と否認を続けているという。

 発表によると、3被告は今年1月から着服が発覚した7月までの間、計約100回にわたり、同改良区名義の預貯金口座から現金を払い出し、着服した疑い。

 今回の再逮捕で、同改良区の使途不明金約7億2000万円のほぼ全額を3被告が着服したとして立件された。

 | HOME | 


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事