FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

「ハイエース」窃盗団逮捕 300台以上の自動車盗難に関与

愛知県内でトヨタ社製のワゴン車「ハイエース」を中心に多発していた自動車盗事件を捜査していた県警捜査三課と西署などは27日深夜、窃盗などの疑いで、名古屋市中村区に住む40代の暴力団組員の男や外国人ら窃盗団6人を逮捕した。そのほか犯行に関与した外国人数人も調べている。実行、仲介、分解の一連のグループが少なくとも300台以上の自動車盗に関与したとみている。

 県警は28日、同県小牧市内の解体工場などを家宅捜索する。

 調べでは、暴力団組員ら実行グループが今月、深夜に名古屋市内で駐車中のハイエースを盗み、仲介役がナンバーを付け替えて一時保管。さらにパキスタン人らの解体グループが盗難車を引き受け、小牧の解体工場で車を解体した疑い。

 盗まれた車のほとんどは最終的には原形をとどめず、部品の状態で茨城県内などの港に運ばれ、そこから中東やアフリカなどの海外へ売り渡されたとみられる。

 県警によると、ハイエースは昨年1年間と今年上半期、県内では最も多く盗難に遭っている。特に名古屋市中川、港、西区や春日井市、小牧市などで多発していた。

◆部品に汎用性、防犯に甘さも
 ハイエースの盗難被害は、昨年から全国的に急増。壊れにくく部品に汎用性があることに加え、防犯面の甘さから狙われやすいという。

 愛知県警によると、今年上半期の県内の自動車盗発生件数は1638件で、大阪府、千葉県に次いで全国3位。車種別ではハイエースが13・5%を占め、2位のワゴンR(4・5%)と比べ、群を抜いて多い。

 背景には、人や荷物を多く運ぶことができるなど利便性が高いことがあり、「海外、特に発展途上国でのニーズが高い」(損害保険協会名古屋支部)。名古屋市内の販売業者は「中東やロシアで人気がある。エンジン性能がよく、壊れにくい。旧型で10万キロ以上の走行距離でも高値がつく」と話す。

 商用車のため、防犯面に甘さもある。窃盗団の標的は、以前は高級四輪駆動車などが多かったが、高級車には電子ロック「イモビライザー」が普及。しかしハイエースは、最新車を除き基本的にイモビライザーは未装備だ。

 さらに「海外では純正部品が入手しにくく、部品の需要が高い」(同協会)という事情も。捜査関係者は「ハイエースは年式が違っても部品を共有できる。解体して海外に流した時の利用価値が大きいのでは」と話す。

 | HOME | 


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事