FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

新銀行東京元行員ら7人逮捕 融資金5000万円詐取

 経営再建中の新銀行東京(東京都新宿区)に虚偽の決算書などを提出し、融資金をだまし取ったとして、警視庁捜査2課は27日、詐欺容疑で、同行池袋出張所の元営業担当行員、青木千代美(56)=町田市=や融資先の給排水設備会社「リフレックス」(中野区)社長、諸隈寛(49)=福岡市南区=ら7容疑者を逮捕した。元行員が不正に関与していたことで、経営不振に陥った新銀行のずさんな融資実態が改めて批判されそうだ。

 ほかに逮捕されたのは、ブローカーで会社役員、松本順也(45)=東京都文京区▽リフレックスの関連会社「アシストプラン」(大阪市中央区)社長、寺口士文(31)=東京都港区▽指定暴力団住吉会系元組員でアシスト社会長、大丸正志(46)=鳥取市-ら各容疑者。

 調べでは、青木容疑者らは共謀の上、リフレックスに営業実態がなく融資の返済能力がないのに、過去の売り上げを4倍に水増しした虚偽の決算書などを新銀行東京池袋出張所に提出し、融資を申請。平成18年9月中旬、リフレックス名義の口座に融資金約5000万円を送金させて詐取した疑い。

 融資金の大半は返済されず、アシスト社に流れたとされる。青木容疑者は融資の際に自ら手数料を要求し、100万円を受け取っていたという。

 青木容疑者は大手行を退職後、18年1月に契約社員として新銀行に入行。同年4月から池袋出張所で営業担当となり、19年3月に退職した。青木容疑者ら4人は容疑を認め、寺口容疑者ら3人は否認している。

 新銀行は27日、青木容疑者らを詐欺罪で警視庁に告訴。「お客さまと関係者の皆さまに、ご迷惑をおかけしたことは極めて遺憾であり、深くおわび申し上げます」とコメントした

 | HOME | 


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事

リンク

QRコード


QR