FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

御法度連発、シノギができず傘下団体に不満充満 後藤組除籍の背景

[関連記事]

 指定暴力団山口組(総本部・神戸市)傘下の有力組織、後藤組後藤忠政(本名・忠正)組長が除籍された問題で、後藤組長に同調する動きをみせた複数の主要団体のトップが相次いで除籍や絶縁とされていたことが17日、警察当局の調べで分かった。また、後藤組長が除籍処分を受けた背景には、山口組が改正暴対法対策として進めるシノギ(収益活動)に関する規制強化方針をめぐる対立があることも判明した。警察当局は今後、情勢によっては抗争に発展する恐れもあるとみて警戒している。

 警察関係者によると、14日に除籍とされた後藤組長は当初、処分に強く反発。これに対し、総本部側は最も重い「絶縁」を科す方針を示したが、その後、後藤組長側が除籍の受け入れを表明。警察当局は、事態は収束へ向けて動き出したとみている。

 暴力団の世界では不手際に対する懲戒は除籍、破門、絶縁-の順に重くなる。多くの場合、除籍は進退伺を出した場合に下され、一定期間後に復帰が認められる場合があるが、警察幹部によると「今回の後藤組長に対する除籍は、復帰の可能性を排除した厳しいものだった」という。

 また、「後藤組に同調したとされた複数の組織が除籍や絶縁などの処分を受けており、組織内の不満はくすぶったままだ。警戒と監視を継続する」(警察幹部)という。

後藤組長除籍の発端は今月8日に総本部で開かれた会合の場だった。その場で、現在の6代目組長の母体である弘道会(愛知県)の最高幹部が、後藤組長が9月に有名歌手を招き、誕生日のパーティーを大々的に開いたことを問題視。後藤組長は強く反発して口論となったとされる。

 警察当局は今回の除籍騒動を「山口組の内部に、執行部に対する不満が充満していることの表れ」と分析している。

 バブル経済以降、「経済ヤクザ」として組織を牽引(けんいん)してきた後藤組長の除籍にまで発展した今回の対立の背景には、暴力団社会に共通の問題があるとされる。

 山口組は、暴対法の改正でトップの使用者責任が問われやすくなったことに危機感を強め、傘下組織に対して(1)覚醒(かくせい)剤など違法薬物への関与禁止(2)行政対象暴力への関与禁止-など細かく規制。一方、この方針に対して「経済活動が著しく制限され、組織運営が立ちゆかなくなる」と批判を強める勢力があるという。

 ある警視庁の元幹部は「山口組全体に『規制が乱発されているのに、6代目組長の出身母体は、ご法度御免とばかりに好きなシノギをやり放題ではないか』との不満がある。後藤組長は従来、シノギに細かく規制をかける総本部の姿勢に反発していた。今回の同調勢力の表面化で亀裂も明確になった」と指摘している。

 | HOME | 


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事