FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

上申書公判 「三上被告が口止め」 「実行犯グループ」 一員証言

元暴力団幹部後藤良次被告(50)が県警への上申書で告白した阿見町廻戸、室内装飾会社社長栗山裕さん(当時67歳)の保険金殺人事件で、首謀者とされ、殺人や詐欺の罪に問われた元会社社長、三上静男被告(59)の第4回公判が15日、水戸地裁であった。実行犯グループの一員とされる後藤被告配下の沢村勝利受刑者(45)と浦田大受刑者(42)の証人尋問が行われ、上申書の内容に沿う証言をした。

 沢村受刑者は、保険金殺人事件後、宇都宮市で起こした別の事件で宇都宮中央署に出頭する際の経緯を明かし、「車で署に向かう途中、三上被告から『事件の話はするな。家族の家も知っているんだからな』と言われた」と証言。また、「凶器」とされるウオツカを石岡市内の酒屋に三上被告と購入しに行ったことも明らかにした。浦田受刑者は「栗山さんは『死にたくない』と正座で必死にお願いしていた」と話した。

 両受刑者は2000年、後藤被告が首謀者となった宇都宮市の男女4人死傷事件で強盗致死罪などに問われ、懲役10―12年が確定。保険金殺人事件でも殺人容疑で逮捕されたが、「関与の度合いが低い」として起訴猶予となった。

 | HOME | 


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事

リンク

QRコード


QR