FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

暴追会長刺傷 検察側の控訴を棄却 実行犯の量刑妥当/鹿児島

鹿児島市の暴力団追放団体会長刺傷事件で、実行犯として傷害罪に問われた北九州市八幡西区千代ケ崎2丁目、鉄工業徳見得茂被告(39)の控訴審判決で、福岡高裁宮崎支部は14日、懲役3年6月(求刑懲役7年)を言い渡した一審鹿児島地裁判決を支持、検察側の控訴を棄却した。

 判決理由で竹田隆裁判長は「被告は報酬目的で実行したが、暴追運動に対する暴力団による組織的犯行との認識はなく、原判決の量刑は軽すぎて不当とは言えない」と述べ、量刑不当とする検察側の主張を退けた。

 一審判決によると、徳見被告は昨年10月19日午前7時40分ごろ、30万円の報酬で暴力団組員の依頼を受け、鹿児島市西千石町の路上で、暴力団事務所の立ち退きを求めていた市民団体会長の妹尾博隆さん(66)の尻を果物ナイフで1回刺し、全治約2週間のけがを負わせた。

 | HOME | 


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事