FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

重慶で暴力団取り締まり1500人逮捕 大きな成果の背景は?/中国

 【北京=矢板明夫】中国内陸部の大都市、重慶市が大規模な暴力団取り締まりキャンペーンを実施、大きな成果を上げた。市民からも拍手喝采(かっさい)を浴びたが、ポスト胡錦濤世代の有力指導者である同市のトップ、薄煕来氏がさらに出世するための実績づくり、といった冷めた見方も出ている。

 中国紙「重慶晩報」(電子版)などによると、重慶市で暴力団による犯罪が近年多発していることを受け、同市の薄煕来・共産党委員会書記の指示の下、公安当局が6月中旬から8月15日まで暴力団取り締まりキャンペーンを全市で展開。1544人を逮捕し、1009件の刑事事件などの犯人を検挙した。

 キャンペーンの責任者は「一般企業を隠れみのにして売春、賭博、麻薬密売をしている暴力団が多く、暴力団幹部の中には、人民代表大会の代表(議員)を務めている人もいる。犯罪の証拠を集めるのに苦労した」と語ったという。

 このニュースはネットで大きな反応を呼び、「私の町でも同様なキャンペーンをやってほしい」といった意見が多く寄せられた。中国では近年、暴力団による犯罪が各地で多発しているが、地元政府や警察と癒着している暴力団が多いため、摘発されるケースが少なく、市民の不満が高まっているからだ。

 もっとも、重慶市の暴力団犯罪は他の都市と比べて特に目立っているわけではなかった。そのため、今回のキャンペーンは、薄書記が2012年の共産党大会で共産党指導部の中枢に入るための実績づくりではないかと指摘する声が出ている。ネットには「薄書記が中央に行けば、暴力団はすぐに重慶に戻って来るよ」といった悲観的意見もあった。

 | HOME | 


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事