FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

架空の土地取引で手付金など詐取 元衆院議員の名前利用

 架空の土地取引を持ちかけ、購入手付金をだまし取ったとして、警視庁組織犯罪対策3課と板橋署などは1日、詐欺の疑いで、不動産会社「岡田興産」会長、森本安俊容疑者(72)と、同居する同社専務、鷲野巣美代子容疑者(61)を逮捕した。2人は交渉中に元衆院議員の名前を持ちだし、信用させていたという。

 同課によると、森本容疑者は容疑を認め、だまし取った金などを「借金返済に使った」と供述。鷲野巣容疑者は容疑を否認している。同課は、岡田興産が指定暴力団山口組のフロント企業で、資金の一部が暴力団側に流れた可能性もあるとみて調べている。

 同課の調べによると、2人は昨年6月19日と23日、岡田興産事務所で、不動産会社社長の男性(57)に対し、「静岡県熱海市の土地を購入し、隣接地と合わせて他社へ転売すれば、短期間で利益が得られる」などと持ちかけ、額面2000万円の小切手と現金1000万円をだまし取った疑いが持たれている。

 同課によると、熱海市の土地は大手ゼネコンが所有していたが、売却する意志はなかったという。また、事務所が入ったマンションの一室は、元衆院議員の妻の会社が所有していた。元衆院議員の事務所は「本人が海外出張中のためコメントできない」としている。

 また、同課は強盗殺人などの罪で起訴された東京都北区、不動産会社役員、染谷祐吉被告(57)も交渉の場に同席していたとして、詐欺容疑で書類送検する方針。

 | HOME | 


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事

リンク

QRコード


QR