FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

被害者のバイク移動/埼玉

>>関連記事
死体遺棄、事件の隠匿図る?
 さいたま市見沼区のリフォーム会社役員小林照忠さん(31)の遺体が千葉市内で見つかった事件で、小林さんのバイクが別の男によって同市岩槻区内のコンビニ店に運ばれ、放置されていたことがわかった。県警は、逮捕監禁などの容疑で逮捕した指定暴力団住吉会系組員、高木龍一容疑者(25)と少年2人(ともに18歳)が、暴行現場からバイクを移動させて事件の隠匿を図ったとみて調べている。

 県警によると、小林さんは5月2日未明、見沼区東大宮の中国人パブで、少年らから暴行を受けた後、逮捕監禁されたとみられる。県警は同4日、岩槻区内のコンビニ店駐車場で、鍵が付いた小林さんのバイクを発見。防犯カメラを分析したところ、小林さんとは別の男が駐車場にバイクを置いていたことが判明した。

 事件直前まで小林さんと一緒にいた男性によると、小林さんは「明日から大型連休だ」とうれしそうに話しながら酒を飲んだ後、2日午前0時過ぎに1人でバイクに乗り、中国人パブに向かったという。

 捜査関係者によると、小林さんは店内で、暴力団組員(36)(暴力行為処罰法違反容疑で指名手配)と口論になったという。小林さんは2、3年前、店とトラブルがあったとの情報もある。

 一方、県警は8日、小林さんの遺体を司法解剖した。死後1か月ほどで、刃物による傷や骨折はなかった。指名手配中の暴力団組員と高木容疑者、少年2人の計4人で、小林さんをワゴン車に乗せて千葉市緑区内の死体遺棄現場まで運んだといい、小林さんが死亡した経緯も調べている。

 千葉市緑区の死体遺棄現場は街灯もなく、夜には車や人の往来が全くなくなる。近くに住む農業男性(72)によると、数年前までは産業廃棄物の不法投棄が横行していたといい、男性は「土地カンがないと、この場所には来られない」と話した。

 | HOME | 


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事

リンク

QRコード


QR