FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

取調室の禁煙、7都府県に 「時代の流れ」困惑も

 容疑者と向き合い、紫煙をくゆらす刑事。全国の警察の取調室からこんな光景が消えつつある。警察庁によると、福島、神奈川、愛知、大阪など6府県警で取調室を全面禁煙、警視庁も2月から試験導入した。捜査現場では「時代の流れ」と受け止める一方、取り調べの小道具として活躍したたばこが使えなくなり「支障がある」「吸わせないと容疑者への“拷問”になる」と困惑は消えない。

 全国で初めて受動喫煙防止条例が3月に成立した神奈川県。刑事経験が長い幹部は「たばこで自供を得るよりも話術を磨くべきで、よい機会」と歓迎する。

 一方、警視庁で知能犯を担当するベテラン刑事は「容疑者が自供を始める直前によくたばこを吸っていたのに…」と嘆く。暴力団担当が長い捜査員は「相手をリラックスさせ、話が流れる手段がないのは痛い」と明かし、禁煙と喫煙の両方の取調室設置を希望している。

 | HOME | 


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事