FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

<上申書殺人>「金になる」と誘われた 後藤被告が証人出廷/茨城

死刑囚が提出した上申書で発覚した保険金殺人事件で、殺人や詐欺などの罪に問われた茨城県日立市相田町3、元不動産ブローカー、三上静男被告(59)の公判が7日、水戸地裁(鈴嶋晋一裁判長)で開かれ、上申書を茨城県警に提出した元暴力団組長の死刑囚、後藤良次被告(50)=殺人罪で起訴=が検察、弁護側双方の証人として出廷した。

 後藤被告は落ち着いた様子で、「三上から『金になる仕事だ』と誘われた。(三上被告は)『(被害者を)酒を飲ませて弱らせてから死なせちゃおう』としょっちゅう言っていた」と、自ら記した上申書とほぼ同内容を証言した。死刑囚が公判に証人として出廷するのは異例。

 後藤被告は上申書で、茨城県阿見町廻戸(はさまど)、カーテン店経営、栗山裕さん(当時67歳)を「三上被告の主導で殺害した」と主張。事件は上申書に沿う形で立件された。

 三上被告側は「事件は(後藤被告が)死刑を延期するためにでっち上げた」と無罪を主張。一方、公判前整理手続き中の後藤被告側は「酒で人は殺せない」などとして起訴事実を一部否認する方針で、証言が注目されていた。【山崎理絵、山内真弓】

 | HOME | 


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事

リンク

QRコード


QR