FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

大光脱税事件:暴力団対策に5億…大賀容疑者、腹心に報酬

キヤノンの施設建設を巡る脱税事件で、裏金の運び役とされる浪速コンサルタント社長、難波英雄容疑者(61)=法人税法違反容疑で逮捕=が、暴力団関係者らによる工事妨害を防ぐなどした見返りに、大光社長、大賀規久(のりひさ)容疑者(65)=同=から5億円を超える報酬を得ていたことが大光関係者の話などで分かった。架空領収書の発行で脱税に協力したことも判明しており、「裏」の仕事は難波容疑者、鹿島との交渉など「表」は大賀容疑者、と役割分担していた。

 難波容疑者は逮捕前、周辺に「ノリちゃん(大賀容疑者)には一銭も渡していない」と大賀容疑者の関与を否定していた。しかし、東京地検特捜部は2人が表裏一体となって脱税工作を実行したとみている模様だ。

 大光関係者によると、大賀容疑者は難波容疑者について「トラブルに巻き込まれ自宅に脅迫の手紙が届いた時、警察は動いてくれないのに難波に頼んだらぴたりとやんだ」と説明していたという。「命を助けてもらった。おれの命が1億や2億じゃ安かろう」と巨額報酬の支払いも示唆した。捜査関係者によると、その額は5億円を超えるという。

 報酬は、現金で渡されることもあったが、大光のグループ企業が施工能力のない難波容疑者の会社と共同企業体(JV)を組み、工事を受注して利益を折半することもあった。難波容疑者側は工事をせず、暴力団関係者や周辺住民とのトラブル処理を担当していた。

 難波容疑者は周囲に「(暴力団の)親分と子供のころから付き合いがある」と話し、裏世界に顔が利く人物とみられていた。一方、捜査関係者によると、脱税を助けるため架空の領収書を発行して手数料を得る「B勘屋」としても有名。「B勘」はブラックマネーの頭文字の「B」に「裏勘定(簿外勘定)」を組み合わせた隠語とされる。特捜部は、大賀容疑者から渡った報酬は、B勘屋としての手数料や裏金運搬の見返りでもあったとみている。

 | HOME | 


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事