FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

偽建築士、大津商議所会報にも登場/滋賀

 1級建築士だと偽って銀行の融資を受けようとしたとして滋賀県警警備2課などは12日、有印公文書偽造・同行使の疑いで、京都市伏見区の会社員、山下幸次容疑者(72)を逮捕した。山下容疑者は、大津市に設立した「アイ環境設計事務所」を1級建築士事務所として大津商工会議所に登録。同会議所の会報にも掲載されていた。

 同課などの調べでは、山下容疑者は同社の社長だった平成19年8月下旬、他人の1級建築士免許証をコピーし、自分の名前や生年月日をはり付けて改竄(かいざん)。会社設立の名目で約1000万円の融資を得ようと計画し、同市内の金融機関の融資担当者に、この偽免許証を提出した疑い。容疑を認めているという。金融機関側は、事業計画が不十分として融資はしなかった。

 山下容疑者は19年7月に同社を設立したが、ほとんど実態はなかったという。同社の事務所は、架空の賃貸契約で入札を妨害したとして競売入札妨害罪で起訴された右翼団体幹部で暴力団組員の原淳一被告(35)=大津市勧学=所有の住宅。同課によると、「原被告に資金援助を頼まれた」などと融資を受けようとした理由を供述しているという。

 山下容疑者は、同会議所が月1回発行している会報に1級建築士として登場。実際に会議所職員の取材を受け、自分が手がけたとうそをついて建物の写真を提出するなどしていた。会員登録が承認されるかは役員の協議で決まるが、同会議所は「不自然なこともなく、所在地に会社があったので承認した。びっくりしている」と話している。

 | HOME | 


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事