FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

覚せい剤密売:生活保護受けながら密売 63歳被告に懲役2年/山梨

>>関連記事
 生活保護を受けながら覚せい剤を密売していたとして、覚せい剤取締法違反(営利目的所持など)に問われた甲府市七沢町、造園業、橘田国治被告(63)に対し、甲府地裁は4日、懲役2年、罰金30万円の実刑(求刑・懲役2年6月、罰金30万円)を言い渡した。渡辺康裁判長は「金目的の安易な動機に酌量の余地はない」と述べた。

 判決によると、橘田被告は08年11月2日、甲府市のショッピングセンターで、他人に販売する目的で覚せい剤0・265グラムを所持したほか、自分でも覚せい剤を使用していた。

 甲府地検によると、橘田被告は心臓病を患い、月10万円の生活保護を受けていた。生活は苦しく、知人に「死にたい」と漏らしたところ、「死ぬ気があるなら何でもできるな」と暴力団幹部を紹介され、密売の仕事を任されたという。

 橘田被告はティッシュペーパーに包んで小分けにした覚せい剤を暴力団幹部の男から預かり、男の指示でショッピングモールなどの駐車場で客に渡していた。受け渡しの日は男から客の車のナンバーや車種について連絡があった。客の中には主婦もいたという。

 公判では、橘田被告が08年4~11月、計14~15人に約100回にわたり覚せい剤を密売していたことが明らかになった。売り上げは全額暴力団幹部に渡し、手数料として1回3000円を受け取っていた。食費や光熱費などに充てたという。

 橘田被告は08年11月、甲府市のショッピングセンターで食料品を万引きし、駆け付けた警察官が調べたところ靴下の中に覚せい剤と注射器を隠し持っていたため逮捕された。【曹美河】

 | HOME | 


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事