FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

80代男性に暴行 双愛会系組員3人を逮捕

 神奈川県警南署は20日、80代の無職男性を殴るなどして顔にけがを負わせたとして、指定暴力団・双愛会系組員、金森武美容疑者(50)=横浜市南区榎木町=らいずれも同組員の男3人を傷害の疑いで逮捕した。認否を明らかにしていない。

 逮捕容疑は、5月27日午後3時20分ごろ、横浜市南区井土ケ谷下町の路上で、南区内に住む80代の無職男性に対し、殴るなどの暴行を加え、顔面に全治8日間のけがを負わせたとしている。

 南署によると、男性は別の知人男性と現場近くのファストフード店にいたところ、何らかのトラブルから3人に店の外へ連れ出され、路上で殴られたとみられる。男性は3人と面識があった。犯行を目撃した通行人が110番通報したところ、3人は現場から立ち去ったという。同署は事件の詳しい経緯を調べている。

  

「200万円持ってきない」と男性脅す 工藤会系組幹部ら5人逮捕

 福岡県警は20日、恐喝未遂と暴力団対策法違反(不当贈与要求行為)の疑いで、特定危険指定暴力団・工藤会系組幹部の男(73)ら5人を逮捕した。

 逮捕容疑は、5人は共謀して金銭問題でトラブルになっている同市在住の50代男性に因縁をつけて現金を脅し取ろうと計画。同区のアパート一室で4月24日夜、暴力団の威力を誇示して「200万円持ってきない」「50万でいいけ持ってきない」などと言い、現金を脅し取ろうとした疑い。

  

山口組と神戸山口組 G20期間中の「出勤」自粛

 28、29両日に主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)が大阪市内で開かれるのを受けて、兵庫県内に本拠を置く山口組など指定暴力団2団体が期間中、交代で事務所に詰める傘下組織組員の「出勤」をやめる予定であることがわかった。厳重な警備態勢の中、組関係者が検問や職務質問に出会う「リスク」を避けようとする動きとみられる。

 期間中の「出勤」をやめるとみられるのは、山口組と、神戸山口組

 これらの事務所では傘下組織組員が持ち回りで詰め、掃除や電話番、来客対応などの「当番」をしているが、2団体ともG20期間は来所を控えるよう指示したという。任俠山口組の事務所は現在、神戸地裁から使用差し止めの仮処分を受けている。

 国の一大行事(天皇の国事行為や外国からの来賓)などでは、暴力団が抗争を控える傾向がみられるという。

  

標章掲示店立ち入り 道仁会系組員に中止命令

 福岡県警久留米署は19日、暴力団員の入店を禁じる「標章」を掲げた深夜酒類提供飲食店に入ったとして、同県久留米市に住む指定暴力団・道仁会系組員の男(47)に対し、県暴力団排除条例に基づく中止命令を出した。

 久留米署によると、男は3月5日、同市にある標章掲示店に立ち入ったという。

  

拳銃と実弾譲り渡し 道仁会系組員ら逮捕で事務所を捜索

 福岡県警は20日、指定暴力団・道仁会系組員らが別の組員に拳銃と実弾6発を譲り渡した疑いで逮捕された事件で、関連先として博多区の道仁会松永組本部事務所を家宅捜索した。

松永組を捜索
道仁会系松永組を捜索

 県警によると、去年10月、松永組組員、山本三木男容疑者(59)は、知人で会社役員、山本茂樹容疑者(41)と共謀し、福岡市中央区春吉の駐車場で、回転式拳銃1丁と実弾6発を同組員、井上信弘被告(49)に無償で譲り渡した疑いがもたれている。山本容疑者らの認否は明らかにしていない。

 井上被告は今月、拳銃を所持した銃刀法違反などの罪などで一審で有罪判決を受けており、その捜査の中で、山本容疑者らの関与が浮上したという。県警は拳銃や実弾の入手経路などについて捜査を進めている。

  

「みかじめ料」めぐる損害賠償請求 山口組組長側は棄却求める

 指定暴力団・山口組傘下組織からみかじめ料を支払わされたとして、愛知県の男性が損害賠償を求めた裁判の第一回口頭弁論が19日、名古屋地裁で行われ、被告側は請求棄却を求めた。

 訴状によると、愛知県内に住む男性は2005年から2016年までの間に、山口組の傘下組織の幹部からみかじめ料として約77万円を支払わされたという。

 男性は山口組篠田建市組長らを相手取り、約1000万円の損害賠償を求めていて、この日の第一回口頭弁論で篠田組長側は答弁書を提出し、請求棄却を求めた。

  

 | HOME | 


究極のマッチングサービス
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
一般女性を大量集客★

最新記事

リンク

QRコード


QR