FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

淡海一家総長収監の診断書作成 担当医に無罪判決

>>関連記事
 京都地裁は19日、 指定暴力団・山口組系組長の収監を免れさせるため、検察庁に病状を偽った回答書を出したとして、虚偽診断書作成・同行使の罪に問われた医師、全栄和(チョン・ヨンファ)被告(63)の判決公判が京都地裁で開かれた。

 斎藤正人裁判長は「回答書が虚偽だと判断するには合理的な疑いが残る」として、無罪を言い渡した。求刑は禁錮1年6月だった。

 公判で検察側は「腎移植前の検査結果を流用して回答書を書いた」と主張。これに対し斎藤裁判長は判決理由で「検査の時期を明示せずに結果を記載したことが不適切だったことは否定できない」としたものの、「過去の結果を参考に(不整脈の一種である)心室期外収縮が現在も起きていると考えて記載したと考える余地もある。医学的・客観的に真実に反することにはならない」と判断した。

 また、組長から金品を受け取っていたことから虚偽の回答書を作成する動機があったとの検察側の主張についても、「そのような動機の存在があるとしても、虚偽の回答をしたと推認させる力はきわめて弱い」として退けた。

 被告は、京都市下京区の康生会武田病院で山口組淡海一家総長、高山義友希受刑者(62)の担当医をしていた平成28年1~2月、大阪高検からの病状に関する照会に「心室性不整脈はかなり重篤」などとする虚偽の回答書を提出したとして起訴された。

 事件では、京都府立医大病院の前院長ら2人も虚偽有印公文書作成・同行使容疑で書類送検されたが、不起訴処分となっており、一連の事件で起訴されたのは被告だけだった。

  

「原野商法」で13人を再逮捕 1500万円詐取の疑い

>>関連記事
 警視庁は19日、値上がりの見込みがない山林などを売りつける「原野商法」の被害者や家族に再び架空の土地買い取り話を持ちかけて現金を詐取したとされる事件で、準暴力団関東連合元メンバーで会社役員、天野遥容疑者(30)=東京都港区=ら男13人を詐欺の疑いで再逮捕した。

 再逮捕容疑は2017年2月~18年10月、栃木県の原野などを所有する50~80代の男女8人に「土地を高く買い取る」などとうそを言い、土地調査費用などの名目で計約1500万円を詐取するなどしたというもの。「大和地所」など大手不動産会社を連想させる架空の会社を名乗り、電話や自宅訪問で勧誘していたという。

 警視庁には16年以降、約200人、計約4億円余りの同様の被害相談が寄せられている。

  

 | HOME | 


究極のマッチングサービス
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
一般女性を大量集客★

最新記事

リンク

QRコード


QR