FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

詐欺グループ「かけ子」まとめ役を公開手配

>>関連記事
 特殊詐欺グループの主犯格とみられる山口組系幹部の男が逮捕された事件で、警視庁は新たにグループで電話の「かけ子」のまとめ役をしていたとみられる男を公開手配した。

鈴木裕弥こと伊藤裕弥容疑者
鈴木裕弥こと伊藤裕弥容疑者

 公開手配されたのは、鈴木裕弥こと伊藤裕弥容疑者(29)。

 伊藤容疑者は去年、金融庁の職員になりすまして埼玉県の当時79歳の女性からキャッシュカード3枚と現金700万円をだまし取った疑いなどが持たれている。

 警視庁は先週、この詐欺グループを統括していたとみられる指定暴力団・山口組系「二代目中島組」幹部、藤井幸治容疑者(56)を逮捕していて、伊藤容疑者はそのグループで電話を掛けるかけ子のまとめ役だったとみられている。

  
 

建設会社会長射殺 工藤会系組員に懲役19年 

>>関連記事
 福岡地裁は9日、北九州市で2011年に建設会社会長が射殺された事件など特定危険指定暴力団・工藤会が関与したとされる4件の一般人襲撃事件で、殺人罪などに問われた工藤会系組員、矢沢慶一(旧姓・松江慶一)被告(31)に対し、懲役19年(求刑・懲役20年)を言い渡した。

 足立勉裁判長は「動機は明らかになっていないが、工藤会の意に沿わない人物を排除する卑劣な目的と推察される」と指摘し、「結果はあまりに悲惨で重大だ」と述べた。建設会社会長射殺事件では8人が起訴されたが、判決が言い渡されるのは初めて。

 矢沢被告は事件前、組幹部の指示で被害者の内納(うちのう)敏博さん(死亡当時72歳)を繰り返し尾行したとされる。公判では「目的を知らなかった」と無罪を主張したが、足立裁判長は「襲撃や殺害は当然に想定できた」として殺人罪の成立を認めた。

 判決によると、矢沢被告は11年11月26日、北九州市小倉北区で内納さんを拳銃で射殺したほか、12年4月から9月にかけて、いずれも同市内で▽元福岡県警警部▽暴力団組員の立ち入りを禁じる「標章」を掲げたスナックの女性経営者▽同じく飲食店の経営会社役員の男性を殺害しようとしたり、けがをさせたりした。

  
 

特殊詐欺 山口組総本部を異例の強制捜査

>>関連記事
 警視庁など4都府県警の合同捜査本部は9日午前11時前、指定暴力団・山口組系「二代目中島組」幹部が主導したとされる特殊詐欺事件で、電子計算機使用詐欺の容疑で「山口組総本部」を捜査員ら約70人体制で家宅捜索した。

 警視庁によると、特殊詐欺事件では主導的立場とされる有力暴力団幹部の立件に至る例は少なく、警察が山口組総本部を捜索するのは極めて異例。同庁は詐取した金が上納金として山口組に渡ったとみて、実態解明を進める。

 捜査本部はこれまで、中島組幹部、藤井幸治容疑者(56)や組員ら7人を含む詐欺グループ28人を逮捕し、9日には共犯の疑いで住所、職業不詳の伊藤裕弥容疑者(29)を公開手配した。少なくとも85件に関与し計約1億円の被害を把握している。詐取金の流れを調べたところ、一部が上部組織の山口組に渡った疑いが浮上したという。 

  
 

 | HOME | 


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事

リンク

QRコード


QR