FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

暴力団員を隠し生活保護受給 稲川会系組員逮捕

 神奈川県警南署は4日、暴力団員であることを隠して生活保護費などを不正に受給したとして、指定暴力団・稲川会系組員で自称会社員、前島健二容疑者(38)=横浜市南区二葉町=を詐欺容疑で逮捕した。「暴力団組織に所属しているつもりはありません」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は、平成29年11月から30年7月までの間、暴力団員であることを隠して、横浜市南福祉保健センターから生活保護費など現金約150万円を不正受給したとしている。

 同署によると、前島容疑者は一時的に暴力団から離脱していた28年9月から、通院を理由として生活保護の受給を開始していたが、少なくとも29年11月から、暴力団に再加入していたとみられるという。

 今年5月、道路交通法違反(飲酒検知拒否)容疑で同署が前島容疑者を逮捕した際、前島容疑者の生活実態を調べたところ、不正受給の疑いが浮上したという。

  
 

「ヤクザと憲法」出演の東組幹部逮捕 東組事務所を捜索

>>関連記事
 大阪府警は4日午前11時すぎ、ドキュメンタリー映画「ヤクザと憲法」に出演していた指定暴力団・二代目東組系幹部らが逮捕された事件で、大阪市西成区の二代目東組総本部を家宅捜索した。

二代目東組を捜索
二代目東組総本部を捜索

 この事件をめぐっては、東組幹部で「二代目清勇会」若頭、大野大介容疑者(50)ら2人が、ホテルの工事代金の一部の約500万円の支払いを免れるため、下請けの建設会社の男性(40代)を脅したとして暴力行為等処罰法違反の疑いで逮捕されている。

 府警は大野容疑者らが同様の手口で、下請け業者らから約1億5千万円の支払いを免れようとしていた可能性があるとみて調べている。

  
 

 | HOME | 


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事

リンク

QRコード


QR