FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

山口組・神戸山口組の2団体で全体の4割超の摘発者

 全国の警察が今年1~6月に摘発した暴力団の構成員や準構成員らのうち指定暴力団・六代目山口組は昨年同期比281人減の2428人で、神戸山口組は387人減の1088人だったことが27日、警察庁のまとめで分かった。全体の摘発は989人減の7825人。この2団体だけで全体の4割を超えた。

 神戸山口組から離脱し、3月に指定暴力団に指定された任侠山口組については、指定のための意見聴取を受けた2月9日から7月31日までに61人を摘発した。

 警察庁によると、昨年4月に任侠山口組が結成を表明して以降、今年6月末まで、神戸山口組任侠山口組の関係者が絡む事件は8件発生。うち5件で構成員ら23人を摘発した。

 また、全体の摘発を罪種別に見ると、覚せい剤取締法違反が2091人で最も多く、次いで傷害913人、詐欺829人、窃盗767人などだった。

  
 

縄張り荒らし報復 任侠山口組幹部ら11人を逮捕

 大阪府警捜査4課は27日までに、自分たちの縄張りのインターネットカフェから現金を奪ったとされる男性を監禁、暴行したとして、指定暴力団・任侠山口組幹部で「杉秀会」会長、坂本正次容疑者(54)=大阪市西成区萩之茶屋=ら30~64歳の男計11人を逮捕監禁致傷の疑いで逮捕した。認否を明らかにしていない。ネットカフェに対する強盗事件の報復行為とみて調べている。

 逮捕容疑は共謀し、4月27日深夜、和歌山県紀の川市内の駐車場で和歌山市に住む20代男性を車で拉致し、5月1日にかけて大阪市生野区のバーや大阪府松原市のマンションで監禁。殴ったり蹴ったりして顔面などに全治約1カ月のけがを負わせた疑い。

 捜査4課によると、男性は監禁直前、坂本容疑者らが縄張りにしていた生野区のネットカフェから現金数十万円を奪ったとして5月に強盗容疑で逮捕され、その後処分保留で釈放されていた。

  
 

マッサージ店からみかじめ料 住吉会系幹部を逮捕

 警視庁本所署は27日、千葉県柏市のマッサージ店からみかじめ料として今月までに30回、合わせて現金84万円を脅し取ったとして、指定暴力団・住吉会系幹部を恐喝の疑いで逮捕した。

 逮捕されたのは、住吉会馬橋一家傘下「柏靖会」幹部、増田久忍雄容疑者(51)=千葉県柏市=。

 警視庁によると、増田容疑者は一昨年3月、柏市でマッサージ店を開業した男性経営者を脅し、今月までのおよそ2年半の間にみかじめ料として84万円を脅し取った疑いが持たれている。増田容疑者は「この辺りは月々5万円だ」「夜の仕事しているなら、分かっているだろ」「断ってもいいけど、それなりの扱いをする」などと脅した上、被害者の男性が払えないと言うと、さらに「毎月末に3万な。必ず払えよ」などと脅したという。

 増田容疑者は、調べに対し「金を取ったことは間違いない」と認めているが「語気鋭くは言っていない」などと供述し、容疑を一部否認している。

  
 

オレオレ詐欺指示役の住吉会系組員を逮捕

 警視庁荏原署は27日、オレオレ詐欺グループの指示役として指定暴力団・住吉会系組員、鈴木勝也容疑者(22)を逮捕した。

鈴木勝也容疑者
鈴木勝也容疑者(22)

 逮捕容疑は2017年10月、鈴木容疑者(22)は仲間と共謀し、東京都品川区の80歳の女性に息子を装って電話をかけ「夫がいる女性を妊娠させた。示談金の工面をお願いしたい」などとうそをつき、キャッシュカードをだまし取り、現金45万円を引き出した疑い。

 鈴木容疑者は、詐欺グループの中で、現金の受け取り役である「受け子」をリクルートする少年に指示を出すなどしていて、警視庁が、このグループの実体解明を進めている。

  
 

旅館業法違反で組員逮捕受け任侠山口組系事務所を捜索

 宮城県警は今月19日、宮城県内で許可を得ず旅館を経営したとして指定暴力団・任侠山口組系組員、佐藤昭容疑者(54)と、会社役員の大川浩記容疑者(44)の2人を旅館業法違反の疑い逮捕し、27日午前10時ごろ、兵庫県尼崎市内にある任侠山口組系「古川組」事務所、長野県松本市の「竹内組」事務所の2カ所を家宅捜索した。

「大街道宿舎」と称し無許可営業
「大街道宿舎」と称し
無許可営業で逮捕

 県警によると佐藤容疑者は去年5月からことし4月にかけ、知人で会社役員の男と共謀し、宮城県石巻市大街道南で「大街道宿舎」と称し、宿泊施設を無許可で営業し、少なくても約2300万円の売り上げが確認されていて、およそ110人を宿泊させた疑いが持たれている。 宿泊施設の利用者は、東日本大震災の復興工事の作業員がほとんどで、調べに対し佐藤容疑者は、「違法なことだと分かっていた」と容疑を認めている。

 この宿泊施設では任侠山口組系幹部らの出入りも確認されていて、宮城県警は旅館経営の実態解明を進めるとともに、客から得た利益の流れなどを詳しく調べている。

  
 

障害者用駐禁除外証 住吉会系組員らが不正使用

 警視庁赤羽署は27日、障害者のための駐車禁止の除外証を使いまわしし、不正に使っていたとして指定暴力団・住吉会系組員ら4人を偽計業務妨害の疑いで逮捕した。

 逮捕されたのは、住吉会系組員、関義則容疑者(73)と、高橋昇容疑者(71)ら4人。

 関容疑者今年6月から7月にかけ、障害者のための駐車禁止の除外証を交付を受けていない人物に貸すなどして違法駐車をした疑いが持たれている。

 警視庁によると、障害者用の駐車禁止の除外証の交付を受けたのは高橋容疑者だったが、実際に使っていたのは関容疑者らだったという。4人は「違法なこととは知らなかった」などと容疑を否認している。

  
 

会津小鉄会系「心誠会」事務所 1日100万円制裁金決定

>>関連記事
 京都地裁は26日、指定暴力団・会津小鉄会系「心誠会」の組事務所をめぐり、使用を禁じた仮処分に従っていないとして、心誠会に1日当たり100万円の制裁金を支払わせる間接強制を認める決定をした。周辺住民に代わって仮処分を申し立てた京都府暴力追放運動推進センターが発表した。

 暴力団事務所の使用禁止をめぐって、間接強制が認められるのは府内では初めて。地裁が昨年9月に使用を禁じる仮処分を出した後も組員の男2人が事務所に居住したため、今年5月にセンターが間接強制を申し立てていた。

 間接強制は民事執行法に基づく強制執行の一つ。判決や仮処分の決定に従わない相手に、裁判所が制裁金を科す。

  
 

「暴力団との交際をばらす」と2500万円恐喝 神戸山口組系「黒誠会」会長ら逮捕

 京都府警は26日、京都市の会社役員から現金2500万円を脅し取ったとして、指定暴力団・神戸山口組の若頭補佐で「二代目黒誠会」会長、剣政和こと笹昭容疑者(54)=大阪市北区=と、自営業の中村奈緒樹容疑者(56)=京都市西京区=を恐喝の疑いで逮捕した。

 逮捕容疑は2016年10月、共謀して、過去に用心棒代を支払っていた不動産関連会社の男性役員(68)に「暴力団との交際をばらす」と現金を要求し、翌11月にかけ計2500万円を脅し取った疑い。

 府警は認否を明らかにしていない。役員が今年2月に被害届を出した。他にも現金を脅し取られた可能性があるとみて、捜査を進めている。

  
 

ひすい原石で恐喝未遂 任俠山口組系組長ら不起訴

>>関連記事
 大阪地検は25日までに、恐喝未遂の疑いで逮捕されていた指定暴力団・任俠山口組系「古川組」組長、山崎博司容疑者(62)=兵庫県=ら4人を嫌疑不十分で不起訴とした。19日付。地検は「起訴できるまでの証拠収集ができなかった」としている。

 大阪府警や地検によると、4人は4月下旬ごろ、共謀して翡翠(ひすい)の原石を買い取るよう男性を脅し、約1億円を支払わせようとしたとして、8月27日に逮捕された。9月14日に処分保留で釈放されていた。

  
 

タクシー防護板を壊す 浅野組系組長を逮捕

 岡山県警は25日、タクシーの防護板を壊したとして、指定暴力団・五代目浅野組内村組幹部で「山本組」組長、山本誠容疑者(57)を器物損壊の疑いで逮捕した。運転手にけがはなかった。

 逮捕容疑は21日午前6時ごろ、岡山市内を走行中のタクシー車内で、走行経路に因縁を付け、運転席と後部座席を隔てるアクリル製の防護板を拳でたたいて壊した疑い。

 岡山南署によると、山本容疑者は当時酒に酔っていたという。運転手が110番していた。

  
 

山口組系組幹部を暴行容疑で逮捕

 神奈川県警中原署は25日、警備員を殴るなどしたとして指定暴力団・山口組系「二代目浜尾組」幹部、稲江英尚容疑者(45)=横浜市中区松影町=を暴行容疑で逮捕した。容疑を一部否認している。

 逮捕容疑は8月15日午前1時15分ごろ、川崎市中原区の東急東横線元住吉駅のホームで、駅の警備員の男性(45)の頭部を殴るなどの暴行を加えたとしている。犯行当時、稲江容疑者は酒に酔ってベンチで寝入っており、警備員が声をかけたところ、突然殴ってきたという。

 様子を見ていた駅員が110番通報。同署員が駆けつけたときには、稲江容疑者は現場を立ち去っていたため、防犯カメラの映像などから犯行を特定した。

 同署によると、稲江容疑者は調べに対して「ちょっとたたいたのは覚えているが、酔っ払っていてよく覚えていない」などと供述しているという。

  
 

1都3県で偽札被害 住吉会系組員を逮捕し組事務所を捜索

 埼玉県警武南署は、8月に埼玉県川口市のコンビニで偽札を使った疑いで、指定暴力団・住吉会系組員、矢吹勇祐容疑者(22)を偽造通貨行使の疑いで逮捕し、9月6日には関係先として草加市の住吉会系組事務所に家宅捜索に入っていた。首都圏では、類似の事件が相次いでいて、組織的な犯罪の疑いもあるとみて捜査を進めている。

 逮捕容疑は、今年8月20日、矢吹容疑者が川口市内のコンビニ2店舗で偽の1万円札を使った疑いが持たれている。

 偽の1万円札が使われる類似の事件は、埼玉県内の複数カ所で、8月20日から22日にかけて、また、8月末ごろには東京、神奈川、千葉のコンビニを中心に発生していて、警察は組織的な犯罪の疑いもあるとみて捜査を進めている。

  
 

入れ墨見せ「俺はやくざやぞ」学生脅迫 山口組系組長を逮捕

 岐阜県警北方署は24日、指定暴力団・山口組系組長、武藤一男容疑者(49)=同県瑞穂市祖父江=を脅迫の疑いで逮捕した。「何も知らない」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は23日深夜、瑞穂市のコンビニの駐車場でトラブルになった岐阜県の男子大学生(19)に、胸や背中の入れ墨を見せ「おまえらかたぎがなんや。俺はやくざやぞ」などと怒鳴り、脅迫した疑い。

 署によると、2人は車の割り込みなどで口論になったという。

  
 

金塊窃盗事件 愛知県警、情報漏えい否定 疑惑の核心説明せず 

>>関連記事
 博多金塊事件を巡る愛知県警の情報漏えい疑惑で、同県警は20日、内部調査した結果、情報漏えいはなかったと断定した。ただ、通信傍受情報の漏えいについては「(傍受の)実施も含めて回答を控える」と述べるにとどめた。疑惑の核心に口をつぐんだままの「漏えいなし」判断は説得力を欠く。

 疑惑が浮上したのは金塊事件の主犯格の野口和樹被告(43)らが逮捕された2017年5月末ごろ。福岡県警が行った通信傍受の通話記録から、愛知県警が地方公務員法(守秘義務)違反容疑で書類送検した男性巡査部長(30)を含む現職警察官3人の名前が出てきた。

 本紙はこの巡査部長が、書類送検容疑の相手となった風俗店経営者に送った無料通信アプリLINE(ライン)の画像を入手。登録名には巡査部長の名字と所属が記され、「九州の件で近々お話がありました!!」「愛知やってました」(表記は原文のまま)との内容だった。

続きを読む »

知人男性を暴行し監禁 暴力団関係者の男2人逮捕

 警視庁小金井署は、知人男性の頭部を踏みつけるなどの暴行を加え、包丁を突きつけて監禁したとして、暴力団関係者の三原洋介容疑者(39)=東京都多摩市豊ケ丘=と、薮田智之容疑者(53)=国分寺市西元町=を傷害と逮捕監禁容疑で逮捕した。いずれも容疑を否認している。

 逮捕容疑は3月7日午前2時ごろ、薮田容疑者が経営する国分寺市内のスナックで、1時間近くにわたって知人男性(33)を店内に閉じ込め、頭を瓶で殴ったり、頭部を20回以上踏みつけるなど全治2週間のけがをさせた上、包丁を突きつけて「警察に余計なこと言うんじゃねえぞ。言ったら本当に殺しちまうからな」などと脅迫して監禁したとしている。男性は頭部などに2週間のけがを負った。

  
 

特殊詐欺リーダー格の弘道会系組員を逮捕

 大阪、静岡両府県警の合同捜査本部は20日、東日本大震災の復興寄付金を募るボランティア団体などをかたり、トラブル解決費用の名目で浜松市の女性から約5000万円をだまし取ったとして、詐欺容疑で指定暴力団・山口組弘道会傘下幹部、木村尚俊容疑者(42)=住所不定=を逮捕した。認否は明らかにしていない。

 府警は4月、特殊詐欺グループの拠点とみられる東京都港区のマンションを捜索。嘘の電話をかける「かけ子」の男らを詐欺未遂容疑で逮捕した。その後の捜査で、特殊詐欺グループの指示役とみられる木村容疑者の関与が浮上したという。

 逮捕容疑は昨年6~8月、浜松市の60代女性にボランティア団体などを装って電話をかけ、寄付の名義貸しトラブルの解決費用名目で9回にわたり、計約5000万円を送付させて詐取した疑い。府警捜査2課は被害総額が1億円を超えるとみて、資金の流れなどを調べる。

  
 

カード詐取の疑いで住吉会系組員を再逮捕

 神奈川県警緑署は19日、ほか3人らと共謀して、70代の女性からキャッシュカード3枚をだまし取ったとして、詐欺容疑で住所不詳の指定暴力団・住吉会系組員、名古屋亮太被告(24)=覚醒剤取締法違反罪などで起訴=を再逮捕した。調べに対し名古屋容疑者は「何も言うことはない」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は平成29年12月18日、ほか3人らと共謀して、埼玉県戸田市に住む70代の無職女性に、金融庁の職員などを装って「キャッシュカードを調査するために回収する必要がある」などと嘘の電話をかけ、女性宅でキャッシュカード3枚をだまし取ったとしている。

 同署によると、事件はカードの受け取り役だった横浜市神奈川区の当時19歳の男子大学生=少年院送致=が県警に自首したことで発覚。さらに知人の男子大学生ら2人も逮捕され、3人は「名古屋容疑者が指示した。 小遣い稼ぎだった」と話したという。 名古屋容疑者は神奈川県横須賀市内の70代男性からキャッシュカード3枚を盗んだとして、窃盗容疑でも逮捕されていた。今回で逮捕は5回目という。

  
 

みかじめ料要求 松葉会系組員2人を逮捕

 群馬県警組織犯罪対策課などは、みかじめ料を要求し現金約1万円を受け取ったとして、いずれも指定暴力団・松葉会系組員、小川利夫(71)=渋川市石原=と、阿久沢芳夫の両容疑者(46)を暴力団対策法(再発防止命令)違反の疑いで逮捕した。調べに対し、小川容疑者は「今年に入って、そのようなことはない」と容疑を否認。阿久沢容疑者は「間違いありません」と認めている。

 逮捕容疑は、小川容疑者は3月31日と4月30日、2回にわたって渋川市の運転代行業の男性(51)に電話をかけ、「付き合いができるか」などとみかじめ料の支払いを要求。阿久沢容疑者は1月下旬、同市内のドラッグストア駐車場で、同じ男性からみかじめ料として現金1万円を受け取ったとしている。

 両容疑者は、複数の飲食店にみかじめ料を要求したとして、暴対法に基づく再発防止命令を受けていた。

 同課によると、男性は以前から、みかじめ料として両容疑者に月1万円を支払っていたという。暴対法が施行された平成4年以降、県内では5件目の摘発となる。

  
 

「現金ある」と教示 強盗傷害幇助容疑で女を逮捕

>>関連記事
 栃木県栃木市の民家に男らが2度、強盗目的で侵入、男性を殴って死なせるなどした強盗致死事件で、県警栃木署捜査本部は19日、指示役とされる男にこの家に多額の現金があると教えたとして、強盗傷害幇助などの疑いで、同市平柳町、無職、大塚春子容疑者(44)を逮捕した。県警は認否を明らかにしていない。

 逮捕容疑は、昨年11月上旬~12月下旬、住所不定、無職、指定暴力団・住吉会系組員、渡辺武久被告(36)=強盗致死罪などで起訴=に対し、同市柏倉町の大阿久(おおあく)徳次さん=当時(82)=宅に多額の現金があると伝え、渡辺被告らによる大阿久さん宅への5月の強盗事件を手助けしたとしている。

 渡辺被告は、少年を含む2人の男と共謀し、7月26日未明、大阿久さん宅に侵入、殴って大阿久さんを死なせ、現金約30万円などを奪ったとして起訴され、3人の男と共謀、同じ家に強盗目的で侵入、居合わせた大阿久さんの長男(59)を負傷させた5月の事件でも強盗傷害容疑で再逮捕された。指示役だったとみられている。

 県警によると、大塚容疑者は渡辺被告の知人とみられる。大阿久さんとの関係や事件の経緯を詳しく調べる。

  
 

「コルク狩り」ヘルメット脅し取る 住吉会系組員ら5人を逮捕

 警視庁少年事件課は19日、コルク製のクッションを使った「コルク半ヘルメット」を着用したバイクの少年を脅したなどとして、指定暴力団・住吉会系組員、林隆司容疑者(23)=住所不定=や17~18歳の少年ら計5人を恐喝容疑などで逮捕したと発表した。逮捕された少年2人は東京都北区を拠点とする暴走族のメンバーで、因縁を付けてヘルメットを脅し取る行為を「コルク狩り」と称していた。

 逮捕容疑は4月30日夜、北区十条台1の区立公園で、足立区の塗装工の少年(16)に「北区は(自分たちの)シマだから次にコルクかぶったら殺す」などと言い、ヘルメット1個(時価2万円)を脅し取ったなどとしている。逮捕は2日。

 同課によると、コルク半ヘルメットは暴走族の間で愛好されている。メンバー以外の人が着用すると「コルク狩り」の対象にされていたという。

 林容疑者らは同日夜、ヘルメットをかぶり原付きバイクで区内を走行していた少年を発見し、少年の前に割り込んで停車させ「どこでコルクかぶってんの」などと因縁を付けていた。

  
 

 | HOME |  »


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事

リンク

QRコード


QR