FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

制御装置を積み替えプリウス窃盗 「福博会」系幹部ら逮捕

 福岡県警捜査3課などは30日、車のエンジン始動を制御するコンピューターを積み替える手口でトヨタのハイブリッド車「プリウス」を盗んだとして、指定暴力団・福博会系組幹部、有吉一裕容疑者(48)ら3人を窃盗の疑いで逮捕した。この手口による摘発は県内初という。

 ほか2人は、無職の服部一夫(53)=住所不定=と、同じく無職の財前正幸(48)=大阪市西成区梅南1=の両容疑者=(ともに別の窃盗罪で公判中)。

 逮捕容疑は2月12日午後6時半~同11時15分の間、、福岡市早良区の月決め駐車場で、男性会社員(32)のプリウス(時価約153万円相当)を盗んだ疑い。県警は3人の認否を明らかにしていない。

 県警によると、車の制御コンピューターを、別の車から取り出したコンピューターとつなぐ新たな手口で盗んだという。

 プリウスは人気が高く転売しやすいため、窃盗被害が相次いでいる。県内では今年3件の被害が確認され、県警はうち2件は有吉容疑者らが関わったとみている。昨年は12件発生し10件は偽の電子キーを作ってエンジンを誤作動させる別の手口だった。

  
 

入店拒否で店長脅迫 住吉会系組員を逮捕

 警視庁渋谷署は、渋谷区で暴力団組員であることを理由に入店を拒否した飲食店の店長を、「この店は誰に許可取ってんだ」などと脅したとして、指定暴力団・住吉会系組員を逮捕した。

勝呂方佳容疑者
勝呂方佳容疑者

 逮捕されたのは、住吉会系組員、勝呂方佳容疑者(50)。

 勝呂容疑者は先月26日、渋谷区道玄坂の歩道で暴力団組員であることを理由に入店を拒否した飲食店の30代の男性店長に、「お前の所は警察をバックにするのか。ここらの店は俺らに許可を取ってるぞ。とことんやるところまでやるぞ」などと、脅した疑い。勝呂容疑者は、今年6月に同じ店を訪れた際に、組員だと気づかれずに入店し、店長が暴力団関係者と気付き、その後の入店を断っていたという。

 取り調べに対し、「急に暴力団関係者が店に入れなくなった理由を聞いただけで、脅してはいない」と容疑を否認している。

 同署は、勝呂容疑者が他の飲食店からみかじめ料を取っていた可能性があるとみて調べている。

  
 

1億2000万円窃盗 神戸山口組系元組員ら3人逮捕

 茨城県警は29日、同県つくば市の運送会社から現金1億2000万円を盗んだとして、窃盗などの疑いで、指定暴力団・神戸山口組系元組員、高田和義容疑者(39)=同県石岡市若松=ら男3人(いずれも同罪などで公判中)を再逮捕した。

 県内では2015年4月ごろから窃盗事件が多発。県警は、高田容疑者を中心とするグループが100件以上に関与し、暴力団の資金源になっていたとみて調べる。

 ほかの2人は、建設作業員、根矢祥平(28)=水戸市吉沢町=と、無職の松本悟志(47)=東京都新宿区北新宿=。

 再逮捕容疑は共謀し、今年3月4日午前1~2時ごろ、つくば市上大島の運送会社に侵入し、1億2000万円と、バッグや腕時計を盗んだなどの疑い。県警は3人の認否を明らかにしていない。

 県警によると、3人は同じ敷地にある別の運送会社にも侵入したが、仮眠中の従業員に発見され逃走。4~5月、別の窃盗容疑などで逮捕された。

  
 

栃木82歳強殺 住吉会系組員を起訴 

>>関連記事
 宇都宮地検は28日、栃木市柏倉町の民家で住人の大阿久徳次さん(82)を殺害し現金などを盗んだとして逮捕されていた住所不定、無職、指定暴力団・住吉会系組員、渡辺武久容疑者(36)を住居侵入、強盗致死、強盗致傷の罪で起訴した。この事件ではすでに少年を含む2人が同罪で起訴や家裁への身柄送致が行われている。

 起訴状などによると、渡辺被告は少年ら2人と共謀の上、7月26日午前0時ごろ大阿久さん宅に侵入、大阿久さんを殺害し長男(59)に重傷を負わせ、現金約30万円を盗んだとしている。

  
 

宝石代1億円恐喝未遂 任侠山口系「古川組」組長ら逮捕

 知人男性を脅して宝石の原石の購入代金1億円を支払わせようとしたとして、大阪府警捜査4課は27日、恐喝未遂の疑いで、指定暴力団・任侠山口組系「古川組」組長、山崎博司容疑者(62)=兵庫県=と、組長代行、高橋剛容疑者(57)=同県=ら4人を逮捕した。山崎容疑者は任侠山口組ナンバー3の本部長。

 逮捕容疑は今年4月下旬ごろ、尼崎市内の喫茶店で、60代無職男性を「翡翠の原石50トンを1億円で買え」と脅して支払わせようとした疑い。捜査4課は4人の認否を明らかにしていない。

 捜査4課によると、男性は事件の約1カ月前、他に逮捕された古川組関係者の韓国籍の男(46)から原石の購入者を探すよう頼まれたが見つけられなかったため、両容疑者から代わりに買うよう脅されたという。

 男性が5月、府警に相談して発覚した。

  
 

三社祭で“乱闘” 警察官に暴行 山口組系、松葉会系幹部ら5人逮捕

 警視庁浅草署は24日までに、暴力団同士のけんかを制止しようとした警察官に暴行したなどとして、公務執行妨害と器物損壊の疑いで、指定暴力団・山口組系「六代目清水一家」幹部、田嶋聡容疑者(49)=東京都大田区鵜の木=と、指定暴力団・松葉会系「出羽家一家七代目」幹部、川村祐一容疑者(49)=宇都宮市戸祭=ら男5人を逮捕した。警察官にけがはなかった。

 逮捕容疑は、5月19日夜に浅草神社(東京都台東区)の三社祭が行われた同区の路上で組同士のけんかがあり、通報を受け止めに入った20代の男性警察官の肩を引っ張るなどして職務を妨害し、無線機のコードを引きちぎって壊した疑い。

 浅草署によると、田嶋容疑者らは路上で鉢合わせになり「お前ら、どけ」などと口論になったことから、数十人を巻き込んだ乱闘騒ぎになったという。

 現場には暴力団関係者が数十人おり、防犯カメラなどから5人の関与を特定した。

  
 

前奈良県議長の「黒い交際」報道 奈良新聞の告訴状を受理

 奈良地検は22日までに、前県議会議長の岩田国夫県議(70)=天理市勾田町=が、元指定暴力団・山口組系組長と交際していたとの奈良新聞社の報道を巡り、同社が虚偽告訴罪と信用毀損罪などの容疑で提出していた岩田前議長に対する告訴状を受理した。岩田氏に向けて本格的な捜査が始まる。2日付。

 奈良新聞は4月20日付朝刊1面に「岩田県会議長 黒い交際」などと記載した記事を掲載。岩田前議長は自己保身のため虚偽の報道だとして奈良新聞の代表取締役に対し、名誉毀損で民事訴訟、奈良地検にも名誉毀損と業務妨害で告訴し、受理されている。

 岩田前議長は、議会や所属する自民党県連や支部へ説明しないだけでなく、報道各社から求められた記者会見もしていない。

 奈良新聞社の告訴状によると、岩田前議長は昨年の議長就任時に奈良市内のホテルで、元山口組系組長と会っていたにもかかわらず、黒い交際は平成16年ごろに当時の組長と食事をしたことと、同28年春ごろに同ホテルで会った2回だけだと主張。「就任時には会っていない」と、奈良新聞社に対し虚偽の務妨害罪、名誉毀損罪で告訴し、奈良新聞社の信用を傷つけたとしている。

  
 

前奈良県議長の「黒い交際」報道 奈良新聞の告訴状を受理

 奈良地検は22日までに、奈良県議会の岩田国夫前議長が、元指定暴力団・山口組系組長と交際していたとの奈良新聞社の報道を巡り、同社が虚偽告訴などの容疑で提出していた岩田前議長に対する告訴状を受理した。2日付。

 奈良新聞は4月20日付朝刊1面に「岩田県会議長 黒い交際」などと記載した記事を掲載。岩田前議長は虚偽の報道だとして名誉毀損などの容疑で、同社代表取締役に対する告訴状を同地検に提出し、受理されている。

 奈良新聞社の告訴状によると、岩田前議長は元組長との交際報道が事実であるにもかかわらず、同地検に虚偽の告訴をし、同社の信用を傷つけたとしている。

  
 

「真珠宮ビル」の跡地 虚偽の不動産登記で会社役員ら3人逮捕

>>関連記事
 大阪府警捜査4課は21日、東京都渋谷区の雑居ビル跡地をめぐり、虚偽の不動産登記をしたとして、電磁的公正証書原本不実記録・同供用容疑で、神戸市東灘区御影郡家、会社役員、赤田正行容疑者(50)ら男3人を逮捕した。

 虚偽登記がされたのは「真珠宮ビル」の跡地。平成18年には同ビルの所有権をめぐって、ビル管理会社の男性顧問が殺害され、指定暴力団・山口組良知組(旧後藤組)傘下組長らが逮捕される事件も起きた。ビルはすでに撤去されている。

 逮捕容疑は共謀し28年1月、東京法務局渋谷出張で同ビル跡地を仮差し押さえしたとする虚偽の不動産登記をしたとしている。府警は3人の認否を明らかにしていない。

 捜査関係者によると、赤田容疑者は神戸市の不動産会社の元経営者。同社は27年に跡地売買の仲介を請け負ったが、売り主とトラブルになっていたといい、同課が経緯を調べている。

  
 

ひったくり30件以上に関与か 山口組系組員を逮捕

 警視庁捜査3課は21日、女性から現金の入ったバッグを奪ったとして、窃盗容疑で指定暴力団・山口組系組員、安田剛容疑者(35)を逮捕した。「お金に困ってやりました」などと話し、容疑を認めている。

 逮捕容疑は7月10日午前11時ごろ、東京都墨田区八広の路上で、自転車に乗っていた女性(75)に後ろから自転車で近づき、追い抜きざまに前かごに入れていた現金約1万2千円などの入ったバッグをひったくったとしている。

 防犯カメラの画像などから安田容疑者が浮上。捜査3課によると、都内では7月以降、同様の被害が30件(被害総額約200万円)以上発生しているといい、同署は関連を慎重に調べている。

  

元妻宅に拳銃と実弾保管 任侠山口組系組長に逆転実刑

>>関連記事
 配下の組員に指示して自分の元妻宅に拳銃と実弾を預け、保管したとして銃刀法違反(加重所持)の罪に問われた指定暴力団・任侠山口組竹内組傘下、「百瀬組」組長、百瀬雅樹被告(42)=長野県松本市=の控訴審で、名古屋高裁(山口裕之裁判長)は21日、無罪とした一審名古屋地裁判決を破棄し、懲役7年の実刑判決を言い渡した。

 組員、永沢忠被告(40)=同罪などで公判中=への指示の有無などが争われたが、名古屋地裁は3月、「幹部と組員の間に共謀が成立したと認めるには合理的な疑いが残る」と判断していた。

 幹部は平成29年6月に松本市内の元妻宅で拳銃1丁と実弾10発を所持したとして起訴された。

  

禁止区域に事務所開設 弘道会傘下組長逮捕

 愛知県警中村署などは20日、公民館の近くに暴力団の事務所を開設したとして、県暴力団排除条例違反の疑いで岐阜市水海道2丁目、指定暴力団・山口組弘道会傘下、「野内組」幹部で「豊田組」組長、豊田征路容疑者(40)を逮捕した。豊田容疑者は黙秘している。

 逮捕容疑は平成26年10月30日ごろ、愛知県一宮市の、条例で禁止された場所に組事務所を開設し、今年8月3日ごろまで使用した疑い。事務所から約170メートル離れたところに公民館があった。

 条例では、公民館や学校などの周囲200メートル以内に組事務所を開設したり、運営したりすることを禁じている。

 中村署によると、豊田容疑者は、条例施行前に別の弘道会系組織が使っていた事務所の建物を、施行後に自分の組事務所とした。

  

覚せい剤5億円分製造できる液体所持 有罪判決

 大阪地裁は17日、覚せい剤を製造することができる液体を多量に所持していた男に対し執行猶予付きの有罪判決を言い渡した。

t-BOC・メタンフェタミン

 判決によると、大阪市鶴見区の金属加工業、横谷勝己被告(60)は、覚せい剤を製造する目的で、昨年9月から12月にかけて自宅に止めた車の中に、化学反応によって覚せい剤に変えられる液体「t-BOC・メタンフェタミン」約14.5キロを所持していた。今回摘発された量だと覚せい剤7.8キログラム、末端価格約5億円分相当になる。横谷被告は起訴内容を認めていた。

 17日の判決で、大阪地裁は「所持していた液体は多量で、実際に製造の準備を進めていた」と指摘。一方で「暴力団関係者などに利用され液体を保管していたが、被告人は成分すら分かっておらず、実際に覚せい剤を製造できた可能性は低い」とし懲役3年、執行猶予5年を言い渡した。

  

国際郵便で覚醒剤密輸 合田一家系幹部ら2人を逮捕

 山口県警と門司税関は、覚醒剤(末端価格約5800万円相当)を国際郵便で密輸した疑いで、指定暴力団の組幹部らを逮捕した。

押収された覚せい剤

 逮捕されたのは、指定暴力団・七代目合田一家系幹部、池本尚幸容疑者(57)=山口県平生町=と、無職の石崎竜二容疑者(39)=住所不定=。

 逮捕容疑は、2人が今年6月、覚醒剤約966グラム、末端価格にして約5千800万円相当を台湾の郵便局から山口県内の関係先に国際郵便で発送させ、営利目的で密輸した疑い。覚醒剤は菓子などと共に梱包された茶葉の箱に隠されていたが、税関職員が発見した。

 警察は、2人の認否を明らかにしていないが、組織の資金源にされる可能性もあったとみて詳しく調べている。

  

生活保護費を不正受給 神戸山口組系組員を逮捕

 神奈川県警高津署は16日、生活保護費を不正受給したとして、指定暴力団・神戸山口組系組員、右城浩容疑者(58)=住所不詳=を詐欺の容疑で逮捕した。容疑を一部否認している。

 逮捕容疑は、川崎市内に居住していた平成29年9月から30年4月にかけて、暴力団員であることを隠して、同市高津福祉事務所から生活保護費として現金約80万円をだまし取ったとしている。

 同署によると、昨年9月、右城容疑者から「(暴力団側から)指つめを強要された」と相談があり、捜査の過程で本人の不正が発覚した。

 右城容疑者は28年12月に交通事故を起こし、罰金未納のため今年5月から15日まで東京拘置所に労役場留置されていた。同署は留置終了を待ち、施設内で逮捕した。取り調べに対して「生活保護費をもらっていたことは間違いないが、僕はヤクザではありません」などと供述しているという。

  

手りゅう弾所持 証拠不十分で組幹部不起訴

>>関連記事
 仙台地検は16日までに、民家に手りゅう弾や拳銃を隠し持っていたとして、爆発物取締罰則違反(所持)などの疑いで逮捕、送検された宮城県名取市の指定暴力団・住吉会系組幹部の無職男性(59)と、住所不定の無職男性(54)を、いずれも不起訴処分とした。地検は「犯罪事実を認めるための証拠が不十分だった」と説明している。

 2人は平成28年2月25日、仙台市青葉区の空き家で、手りゅう弾1個と拳銃2丁、実弾100発以上を隠し持った疑いで、今月3日までに逮捕された。

  

弁護士装い高齢者から詐取 山口組系組員逮捕

 警視庁西新井署は14日、弁護士などを装いうその訴訟の和解金名目で、高齢女性から現金200万円をだまし取ろうとしたとして、暴力団組員を逮捕した。

 逮捕されたのは、指定暴力団・山口組系組員、山浦弘幸容疑者(58)。

 山浦容疑者は、東京都足立区の女性(74)に対し、「訴訟のお知らせ」と書かれたハガキを送ったうえ、弁護士などを装って「和解金を立て替えたので現金を送ってほしい」などとうその電話をかけ、現金200万円をだまし取ろうとした疑いが持たれている。

 女性は、事件の3日前にも電子マネー5万円分を支払っていたが、その後、不審に思い、警視庁に通報した。山浦容疑者は取り調べに対し、黙秘している。

  

組長が「後援会」、月会費10万円 退会巡り脅迫疑いで逮捕

 愛知県警緑署は14日、暴力行為法違反(脅迫)の疑いで、指定暴力団・山口組傘下組長、真野高徳容疑者(46)=名古屋市名東区梅森坂西=を逮捕した。調べに対し黙秘している。

 逮捕容疑は7月23~25日、自身が個人として立ち上げた後援会に入っていた自営業男性(54)に電話し、退会を巡り「俺もけじめをつけないといけない」などと脅した疑い。

 緑署によると、男性は毎月の会費10万円の後援会をやめたいと周辺に話していた。これを知った同容疑者が脅したとみている。

  

知人男性を刃物で切りつけ 暴力団同士の抗争事件か

 愛知県警は13日、名古屋市千種区の路上で知人男性を包丁で切りつけ殺害しようとしたとして、暴力団元幹部を殺人未遂容疑で再逮捕した。

 逮捕されたのは、暴力団元幹部で本籍茨城県、郡司久容疑者(69)=名古屋市守山区廿軒家=。

 郡司容疑者は2018年7月23日午後7時すぎ、名古屋市千種区の路上で指定暴力団・神戸山口組山健組傘下、「二代目健仁会」の相談役の顔を文化包丁で切るなどし2週間のけがをさせた疑い。郡司容疑者は千種署に包丁を持って出頭し、同署が銃刀法違反容疑で現行犯逮捕していた。「殺すつもりはなかった」と容疑を否認している。

 郡司容疑者と男性は、対立する暴力団組織に所属していたとみられ、県警は抗争事件として捜査を進めている。

  

「半グレ多い」と夜回り 工藤会系組長ら起訴

>>関連記事
 福岡地検小倉支部は9日、夜の繁華街をうろついて通行人や飲食店関係者を威圧したとして、福岡県迷惑行為防止条例違反(粗暴行為)の罪で、特定危険指定暴力団工藤会系「二代目矢坂組」組長、山本和義容疑者(70)ら7人を起訴した。認否を明らかにしていない。

 小倉支部によると、被告らは縄張りを主張するため、飲食店関係者に「最近街はどうだ。半グレが多いから俺らが歩かないといかんのや」などと話し掛けていた。

 起訴状などによると、6月16日午後8時から約2時間、小倉北区や八幡西区の繁華街で通行人の邪魔をするようにうろつき、暴力団の威力を示したとしている。

  

 | HOME |  »


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事

リンク

QRコード


QR