FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

質店で架空売買でカード現金化 新たに住吉会系総長ら逮捕

>>関連記事
 警視庁は、既に逮捕されている東京都八王子市の質店経営者の男とともに架空の売買でクレジットカードの決済を行い、カード会社から、およそ430万円をだまし取ったとして、新たに指定暴力団・住吉会系「川越平塚一家」総長、時田康雄こと安済康雄容疑者(51)ら2人を電子計算機使用詐欺の容疑で逮捕した。安済容疑者は「まさか罪になるとは思わなかった」と容疑を否認している。

 この質店は売買を装って現金が受け取れる店として暴力団関係者の間で知られていて、質店経営者の男は安済容疑者らに「無理矢理やらされた」と供述している。

  

夜の繁華街うろつき威圧 工藤会系組長ら7人逮捕

 福岡県警は19日、夜の繁華街をうろついて通行人らを威圧したとして、特定危険指定暴力団工藤会系「二代目矢坂組」組長、山本和義容疑者(70)=同市小倉北区泉台=、木村正勝容疑者(70)=同市小倉南区下城野1丁目=ら同会傘下組織組長の男4人と、幹部の男2人ら計7人を県迷惑行為防止条例違反(粗暴行為)の疑いで逮捕した。県警は7人の認否を明らかにしていない。平成26年から同会の壊滅作戦が進んでおり、県警は弱体化のイメージを拭い去る意図があったとみて調べる。

 北九州地区暴力団犯罪捜査課によると、山本容疑者ら組長5人は6月16日午後8時過ぎごろ、同市小倉北区堺町近くの路上を黒色系のスーツ姿でうろつき、通行人をにらみつけるなどして暴力団の威力を示した疑い。同日午後10時ごろには組幹部2人を加えた7人が、同市八幡西区黒崎1丁目で同様の行為をした疑い。パトロール中の警察官が見つけた。

 市内の繁華街では15年8月に工藤会系組員が手りゅう弾を高級クラブへ投げ込み11人が重軽傷を負ったり、暴力団員立ち入り禁止の標章を掲げた店の関係者が襲撃されたりする事件が発生。県警は特別対策隊を発足し警戒に当たるほか、26年9月には同会トップを逮捕するなど壊滅作戦に着手。組員数はピーク時の約730人から約360人(昨年末時点)に減少していた。

  

松戸市の連続銃撃事件 稲川会系組幹部を逮捕

>>関連記事
 県警松戸署捜査本部は19日、千葉県松戸市で昨年6月、アパートに相次いで銃弾が撃ち込まれた事件で、建造物損壊と銃刀法違反(加重所持、発射)の疑いで、指定暴力団・稲川会系組幹部、町田壮範容疑者(46)を逮捕した。捜査本部は町田容疑者の認否を明らかにしていない。

 逮捕容疑は共謀の上、昨年6月30日午前5時ごろ、松戸市内のアパート2軒に拳銃を発砲し、玄関ドアなどを損壊したとしている。

 捜査本部によると、昨年5~6月に発生した連続発砲事件をめぐっての逮捕者は23人目だという。

  

小学校近くに「住吉会」系事務所開設 元関東連合の男ら逮捕

 警視庁中野署は、東京都歌舞伎町のマンションに違法に暴力団事務所を開設したとして、準暴力団・関東連合の元メンバーで、指定暴力団・住吉会系幹部の男らを逮捕した。

 東京都暴力団排除条例違反の疑いで逮捕されたのは、「関東連合」の元メンバーで、住吉会幸平一家傘下、「堺組」幹部、中越健二郎こと田丸健二郎容疑者(40)ら4人。

 警視庁によると、田丸容疑者らは2016年、東京都新宿区歌舞伎町2丁目のマンションで、小学校から200メートル以内は暴力団事務所の開設が禁止されているにもかかわらず、事務所を開いて、運営した疑いが持たれている。

 田丸容疑者らは、「暴力団事務所ではなく、セカンドハウスだ」などと容疑を否認している。警視庁は、「関東連合」の元メンバーらを中心に新たに住吉会系傘下で「中越組」を立ち上げたとみられている。

  

二審も「極東会」系組長に賠償 組員に恐喝指示

>>関連記事
 指定暴力団・極東会傘下組織の組員に金を脅し取られたなどとして、聴覚障害者の男女27人が傘下組織の組長らに損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁は18日、組長らに約1億8千万円の支払いを命じた。一審東京地裁に続き賠償責任を認め、組長の控訴を棄却した。

 斉木敏文裁判長は、組長が金を集めるよう指示し、組員が恐喝や詐欺行為をしたと指摘した。

 判決によると、極東会系組員は、27人の聴覚障害者を手話やメールで脅したり、だましたりして、2008年5月~10年4月、約1億7千万円を集めた。

  

工藤会上納金脱税 総裁に懲役3年 罰金8000万円判決

>>関連記事
福岡地裁 金庫番で工藤会幹部にも懲役2年6月の実刑判決

 特定危険指定暴力団工藤会の上納金を巡って3億2067万円を脱税したとして、所得税法違反に問われた工藤会トップで総裁、野村悟被告(71)に対し、福岡地裁(足立勉裁判長)は18日、懲役3年、罰金8000万円(求刑・懲役4年、罰金1億円)を言い渡した。

 福岡県警が工藤会壊滅を目指して2014年9月に始めた「頂上作戦」以降、野村被告への判決は初めて。野村被告は元漁協組合長射殺など4事件でも殺人罪などで起訴されており、来春以降開かれる公判にも影響を与えそうだ。

 判決は「野村被告の収入は工藤会の威力を背景に建設業者などから継続的に供与された上納金に由来し、悪質だ」と述べ、建設業界やパチンコ業界などからのみかじめ料を資金源に、不正蓄財と組織維持を図ってきた野村被告を批判した。暴力団特有の「上納金徴収システム」を巡って組織トップの脱税が認定されるのは極めて異例だ。

 ともに同法違反に問われた、工藤会の「金庫番」で同会幹部、山中政吉被告(67)は懲役2年6月(求刑・懲役3年6月)とした。野村被告は判決を不服として控訴する方針。山中被告は即日控訴した。

 実態が不透明な上納金を個人所得として問えるかが公判の焦点だった。判決は、野村被告の資金分配を見たという元工藤会関係者の証言を基に、上納金が▽前総裁3割▽野村被告3割▽他の幹部ら3割▽工藤会1割--に分配されていたと認定。山中被告が管理していた、幹部ら以外の三つの口座への入金記録とも整合していることを踏まえ、うち一つが野村被告の取り分だったとした。

 そのうえで、野村被告の口座の金が愛人のマンション購入などに使われたことなどから野村被告の個人所得だったと認めた。さらに、入った金は野村被告の「雑所得」に当たるのに隠して申告せず、不正行為を認識していたことは明らかだと指摘した。

 判決によると、両被告はは共謀し、10~14年の収入のうち8億990万円を隠して所得税3億2067万円の支払いを免れた。

  

金塊密輸未遂 関税法違反容疑で新たに無職の男逮捕 

 中国から金塊を密輸しようとしたとして暴力団関係者らが逮捕された事件で、警視庁は新たに住所不定、無職の小山大輔容疑者(34)を関税法違反などの疑いで17日に逮捕した。容疑を認めているという。

 捜査関係者によると、逮捕容疑は仲間と共謀して昨年12月6~7日、中国・広州白雲空港から金塊計約28キロ(計約1億2700万円相当)を成田空港に密輸しようとしたなどというもの。東京税関の職員に発見され、未遂に終わった。

 警視庁はこれまでに暴力団関係者ら7人を逮捕している。他に、暴走族OBが中心のグループで警察が準暴力団と位置づけている「怒羅権」の関係者の男も共謀したとみて逮捕状を取り、行方を追っている。

  

 | HOME | 


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事