FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

傷害致死 元任侠山口組系組員に懲役8年の判決

>>関連記事
 長野地裁松本支部で開かれた裁判員裁判の判決公判で、同じ暴力団に所属していた男性に暴行を加え死亡させたとして、傷害致死の罪に問われた元組員に懲役8年の実刑判決が言い渡された。

 元任侠山口組系組員、杉山一幸被告(41)は去年7月、別の男と共謀して飯田市内の駐車場などで任侠山口組竹内組傘下「二代目堀田組」組員、成瀨崇(37)さんに腹を殴るなどの暴行を加え死亡させた罪に問われている。

 野澤晃一裁判長は「反社会的な犯行で執拗かつ強い暴行を加えていて悪質」などと指摘した。

 その上で「自ら警察に出頭していて一貫して罪を認めている」などとして、懲役10年の求刑に対し懲役8年の実刑判決を言い渡しました。

  

カード現金化で1000万円以上詐取 稲川会系幹部と質店社長ら2人逮捕

 警視庁日野署は7日、架空の売買でクレジットカード会社から振り込ませた現金1000万円以上を暴力団関係者に手渡していたとみられる質店の社長らを逮捕した。

 逮捕されたのは指定暴力団・稲川会系幹部、池田敏幸容疑者(52)と、東京都八王子市の質店社長、徳永智昭容疑者(50)の2人。

 2人は徳永容疑者の質店で、架空の売買でクレジットカードの決済を行い、カード会社から現金およそ60万円を銀行口座に振り込ませた疑いが持たれている。徳永容疑者は、振り込まれた現金を池田容疑者に、直接、手渡していた。

 徳永容疑者は同じような手口で、10人ほどの暴力団関係者にあわせて現金1000万円以上を手渡していたとみられていて、警視庁が余罪についても調べている。

  

資産家強盗未遂 逮捕の住吉会系組員ら事前に下見か

 東京都新宿区で4月、資産家宅に複数の男が押し入った強盗未遂事件で、新たに逮捕された指示役とみられる男2人が事件前、現場を下見していたことが分かった。警視庁捜査1課は男らのグループが計画的に犯行に及んだとみて、詳しい経緯を調べている。

 7日に強盗未遂と住居侵入の容疑で逮捕されたのは、指定暴力団・住吉会系組員、春木義明容疑者(51)と、石川詩宜容疑者(46)=ともに住所不詳。捜査関係者によると、事件の3日前、現場の家をのぞき込む2人の姿が周辺の防犯カメラに写っていた。

 逮捕容疑は4月12日午後、春木容疑者らが入手した情報で知人の男ら3人が新宿区百人町の住宅に押し入り、家政婦の女性を粘着テープで縛り、現金を脅し取ろうとしたが、金目のものが見つからず、逃走していた。

 事件をめぐっては、同課がほかに実行犯とみられる20代の男3人を逮捕。グループは新宿の事件の1週間後、東京都武蔵村山市で発生した別の強盗事件にも関与したとみられ、同課が資産家宅を狙った連続強盗事件とみて捜査している。

  

 | HOME | 


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事

リンク

QRコード


QR