FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

「任侠山口組」を指定へ 全国23番目

>>関連記事
 国家公安委員会は15日、「任侠山口組」について、暴力団対策法に基づく指定暴力団の要件に該当することを確認した。兵庫県公安委員会は近く正式に指定する方針で、全国で23番目の指定暴力団となる見通し。

 警察庁によると、任侠山口組の構成員は、2月1日時点で16都道府県に約460人という。

 指定の効力は県公安委の官報公示で生じる。指定されるとみかじめ料の要求などが禁じられ、中止命令に従わない場合は摘発できる。対立抗争が発生した際には、事務所の使用制限も可能になる。 

  

拳銃保管指示 「任侠山口組」傘下組長に無罪判決

>>関連記事
 配下の組員に指示して自分の元妻宅に拳銃と実弾を預け、保管したとして銃刀法違反(加重所持)の罪に問われた任侠山口組傘下組長(42)=長野県松本市=に名古屋地裁は14日、無罪判決を言い渡した。求刑は懲役8年。

 組員(39)=同罪などで公判中=への指示の有無などが争われたが、判決理由で田辺三保子裁判長は「2人のやりとりを含む関係証拠を検討しても、指示を裏付ける証拠も、拳銃と幹部を結びつける証拠もない」と判断した。

 元妻宅が家宅捜索された際、組長が「あれは俺のものだ」と発言したとの検察側主張も「自分に嫌疑を向けようとした可能性がある」と退けた。

 組長は2017年6月14日に松本市内の元妻宅で拳銃1丁と実弾10発を所持したとして愛知、長野両県警に逮捕され、その後起訴された。

 名古屋地検の新田智昭次席検事は「判決内容を検討し、適切に対応したい」としている。

  

生活保護不正受給 元神戸山口組系組員を逮捕

 兵庫県警神戸西署は14日、暴力団組員の身分を隠して生活保護費を不正受給したとして、無職、金田成弘容疑者(53)=神戸市西区南別府=を詐欺の疑いで逮捕した。容疑を認めている。

 逮捕容疑は平成28年10月~29年9月、暴力団組員であることを隠し、神戸市から保護費計約140万円をだまし取ったとしている。逮捕は12日。

 同署によると、金田容疑者は当時、指定暴力団・神戸山口組系組員だった。現在は「離脱した」と供述しているという。

  

お好み焼き店に軽トラ衝突させる 大阪、容疑で組員逮捕

>>関連記事
 大阪府警捜査4課は14日、お好み焼き店のシャッターに軽トラックを衝突させたとして、堺市中区毛穴町の指定暴力団・山口組系「三代目司興業」組員、杉原厚博容疑者(48)=盗品等有償譲り受けの罪で起訴=を建造物損壊の疑いで再逮捕した。

 再逮捕容疑は昨年3月25日午前2時ごろ、大阪府岸和田市藤井町のお好み焼き店のシャッターに軽トラックの後部を衝突させ、シャッターをへこませた疑い。

 捜査4課によると、当時、山口組から分裂した指定暴力団・神戸山口組系「山健組」傘下組長の知人女性がお好み焼き店を経営。同課は分裂を巡る抗争と関連があるとみている。

 軽トラックは盗難車で、府警は2月、事件前日に知人男性から3万円で買った疑いで杉原容疑者を逮捕していた。

  

「寝相が悪い」で内妻殺害の道仁会系元組長 起訴内容認める

>>関連記事
 2016年に福岡県大刀洗町で、内縁の妻を殺害したとされる指定暴力団・道仁会系元組長の初公判が13日開かれ、被告は起訴内容を認めた。

 殺人の罪に問われているのは、道仁会系「二代目平井組」元組長、松永高佳被告(58)。

 起訴状によると、松永被告は2016年11月、大刀洗町山隈の自宅で、同居していた当時37歳の内縁の妻の胸を包丁で刺して殺害したとされている。

 13日に福岡地裁で開かれた初公判で、松永被告は「間違いありません」と起訴内容を認めたが、弁護側は「犯行前に飲んだ酒や睡眠薬の影響で心神耗弱の状態にあり、責任能力が著しく低い」と主張した。

 一方、検察側は「被害者から『寝相が悪い』と起こされ口論になり、犯行に及んだ。犯行後には警察や消防に具体的に犯行状況を説明していて、心神耗弱の状態ではなかった」と述べた。

  

 | HOME | 


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事