FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

風俗店“みかじめ料”授受 山口組傘下組長ら逮捕

 松山市の風俗店で「みかじめ料」の受け渡しがあったとして、警察は松山市暴力団排除条例違反の疑いで指定暴力団・六代目山口組傘下の組長らを逮捕した。 

 逮捕されたのは山口組傘下組織の組長・篠原清吾容疑者(66)と、風俗店経営の櫛部功容疑者(60)ら3人。

 警察によると篠原容疑者らは先月31日、松山市が条例で定める「暴力団排除特別強化地域」で櫛部容疑者が経営などする風俗店に対する「みかじめ料」などとして現金10万円を受け取った疑いがもたれている。この条例違反での逮捕は初めてで、警察は関係する風俗店2か所を家宅捜索した。

 「みかじめ料」は1店舗あたり1か月10万円で、警察は組の資金源になっていたとみて関係する店舗についても調べる方針。また、警察は売春を行う場所を提供したとして、櫛部容疑者ら2つの風俗店の店長ら5人を売春防止法違反の疑いで逮捕している。

  

任侠山口組の拠点に「真鍋組」認定 3月にも指定暴力団に 

 警察庁は1日、指定暴力団・神戸山口組を離脱した勢力が昨年4月に結成した「任俠山口組」について、兵庫県尼崎市の関連施設を「主たる事務所」と認定し、各都道府県の公安委員会に通知する。兵庫県公安委は組織の本拠が認定されることを受け、指定暴力団に指定する手続きを進める。

 任俠山口組は、神戸山口組の中核組織「四代目山健組」の副組長だった織田絆誠代表(51)らが結成、構成員は500人程度とみられる。任俠山口組が結成される以前の2016年末時点では、神戸山口組の構成員が約2600人、指定暴力団・山口組は約5200人という。

 任俠山口組の本拠と認定されるのは、尼崎市戸ノ内町3丁目の「四代目真鍋組」事務所。幹部らが毎月集まる定例会の会場の一つになってきたほか、池田幸治組長(51)が任俠山口組のナンバー2とされる本部長として、各団体との連絡役を担っている実態などをふまえた。

 指定されれば、暴力団対策法が定める用心棒代や債権の不当な取り立てなどに対し中止命令が出せる。対立抗争で住民の生活を害する恐れがある場合、組事務所の使用制限命令も出せるようになる。

  

身分隠しローン契約 極東会系組員と妻を逮捕

 静岡県警沼津署は31日、住宅リフォームのため暴力団員であることを隠してローン契約の保証人となり、融資金をだまし取ったとして、詐欺の疑いで指定暴力団・極東会系組員、藤井忠勝容疑者(46)=静岡県三島市柳郷地=と妻で美容師の真弓容疑者(39)=同=を逮捕した。同署は2人の認否を明らかにしていない。

 逮捕容疑は平成25年8月、県東部の金融機関で藤井容疑者が暴力団員であることを隠して真弓容疑者を債務者、藤井容疑者を保証人とする住宅リフォーム代金のローン契約を結び、融資金1千万円をだまし取ったとしている。

 この金融機関では暴力団員を保証人とするローン契約を禁じているが、藤井容疑者は職業を無職と偽っていた。

  

台湾マフィア「竹聯幇」幹部ら十数人が来日 「旭琉會」幹部らと接触

 台湾有数のマフィア組織「竹聯幇」の幹部ら十数人が沖縄を訪れ、指定暴力団・旭琉會の幹部らと接触していたことが29日までに分かった。県警は沖縄来訪の目的や両組織の関係性などについて情報収集を進め、警戒を強めている。

 関係者によると、竹聯幇幹部らは26日に来沖。同日夜に、那覇市内の飲食店で旭琉會幹部らと会い、28日まで県内に滞在していたという。2015年10月にも台湾組織の関係者が来沖し、旭琉會関係者と接触していた。

  

 | HOME | 


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事