FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

柱の中に拳銃 新たに稲川会系林一家幹部を逮捕

>>関連記事
 昨年12月、事務所の柱の中に拳銃を隠し持っていたとして指定暴力団・稲川会系組員が逮捕された事件で、同じ組の幹部が新たに逮捕された。

増山安朗容疑者を逮捕

 銃刀法違反の疑いで逮捕されたのは、稲川会林一家幹部で「二代目松尾組」組長代行、増山安朗容疑者(53」)。

 警視庁によると、増山容疑者は昨年11月、横浜市の松尾組事務所で、すでに逮捕・起訴されている同組員、岡崎一容疑者(50)=横浜市南区万世町=とともに拳銃1丁を隠し持っていた疑いが持たれている。

 拳銃は細工された柱の中の空洞に、バスタオルにくるまれた状態で隠されていて、別の違法薬物事件の捜査で事務所の家宅捜索をしていた際に、警察犬の「イルミナ号」が発見していた。

 増山容疑者は、この事務所の責任者で常に事務所にいたが、調べに対し「全く知らないです」と容疑を否認しているという。

  

任侠山口組系「本江組」事務所 立ち退きで和解へ

 富山県射水市にある任侠山口組系組事務所が付近住民の平穏な生活を脅かしているとして、富山県暴力追放運動推進センターが組長に対し事務所の使用差し止めを求めた裁判で、組長側が来月末までに事務所を立ちのく意向を示した。次回期日が予定されている3月にも和解が成立する見通し。

 この裁判は県暴力追放運動推進センターが暴力団・任侠山口組系「四代目本江組」の林隆生組長に対し、射水市桜町にある事務所の使用差し止めを求めたもの。

 原告が事務所の付近住民から委託を受ける代理訴訟として、去年4月、富山地裁高岡支部に訴えを起こしていた。

 原告の代理人によると、17日行われた弁論準備手続きで、林組長側から来月末までに事務所を立ちのく意向が伝えられたという。また、建物は去年の夏ごろから事務所として使っておらず、常駐していた組の関係者も去年末に引っ越したため、現在は人の出入りがほとんどない状態だという。

 県暴力追放運動推進センターは県警の協力を得て事務所の使用状況を見極めたいとしていて、立ち退きが確認できれば、次回期日の3月7日に和解を成立させたいとしている。

  

自宅前のスプーンで掘った穴に拳銃 元住吉会系組員ら2人を逮捕

 神奈川県警薬物銃器対策課と幸警察署は17日、自宅前の地面の土をスプーンで掘って穴の中に拳銃を隠し持っていたとして、元指定暴力団・住吉会系組員の男ら2人を逮捕した。

押収されたブラジル製「タウルス」

 逮捕されたのは元住吉会系組員、高山尚容疑者と、無職の矢部兼太郎容疑者。取り調べに対して2人とも容疑を認めている。

 逮捕容疑は17日、川崎市幸区の矢部容疑者の自宅前の地面の土の中に拳銃1丁を隠し持っていた疑い。

 県警によると、拳銃はブラジル製の「タウルス」で、高山容疑者が「俺が持っていると危ない。預かってほしい」と、知人である矢部容疑者の自宅前の地面にスプーンで穴を掘って埋めたという。

 17日に矢部容疑者が警察署に拳銃を持って出頭して発覚した。警察は拳銃の入手ルートなどを詳しく調べている。

  

 | HOME | 


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事

リンク

QRコード


QR