FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

女子大生に強制わいせつ 山口組傘下組員逮捕

 今年3月、別府市の路上で女子大学生の身体を触ったとして、強制わいせつの疑いで山口組傘下組員が逮捕されました。

 強制わいせつで捕逮されたのは、指定暴力団・山口組傘下組員・稲垣純也容疑者=住所不定=。

 稲垣容疑者は今年3月13日の午前1時過ぎ、別府市内の路上を一人で歩いていた女子大学生に対し、背後から抱きつくようにして体を触った疑い。女性が抵抗したため、稲垣容疑者は逃走した。

 警察が女性からの聞き取りや、付近の防犯カメラの解析などを行った結果、稲垣容疑者の関与が浮上し犯行を特定した。

 調べに対し稲垣容疑者は黙秘し、引き続き裏付け捜査を進める方針。

  

騙し取ったキャッシュカードで現金詐取 極東会系組員ら2人を再逮捕

 警視庁組織犯罪対策特別捜査隊は、警察官や金融庁職員になりすまし東京都内の高齢女性から銀行キャッシュカードと現金をだまし取ったとして、詐欺の疑いで指定暴力団・極東会系組員、伊野宏亮容疑者(33)=府中市緑町=と、無職の大柳孝朗容疑者(33)=東京都国立市青柳町=を再逮捕した。

 逮捕容疑は7月19日と20日に、西東京市の無職女性(80)から騙し取ったキャッシュカードで、西東京市と立川市のコンビニにあるATMからそれぞれ現金50万円を詐取したとしている。

 同隊によると、2人とは別の詐欺グループの男が女性に「あなたの口座から不正に現金が引き出されている」などと虚偽の電話をかけ、2人が警察官や金融庁職員のふりをして女性の自宅を訪ねていた。

 2人は6月にも同様の手口で、東久留米市の女性(77)からキャッシュカード2枚を詐取、現金100万円を引き出したとして詐欺などの疑いで逮捕されていた。

  

拳銃8丁、実弾約140発所持 「任侠山口組」系組員を逮捕

 大阪府警捜査4課は25日、知人が住むマンションに拳銃8丁を違法に所持したなどとして、銃刀法違反(加重所持)などの容疑で「任侠山口組」系組員を逮捕した。

 逮捕されたのは、「任侠山口組」系組員、田中延昌容疑者(59)=大阪府岸和田市荒木町=。捜査4課は認否を明らかにしていない。

 逮捕容疑は今年5月、田中容疑者の知人が住む同府泉大津市内のマンションで、拳銃8丁と実弾約140発などを保管していた疑い。捜査4課は、同月にこのマンションを家宅捜索し、拳銃8丁と大量の実弾などを押収。知人の無職男(56)を銃刀法違反容疑で逮捕=起訴猶予=し、取り調べたところ「3年前に(田中容疑者から)預かった」と供述、田中容疑者は「近く取りに行く」などと男に連絡し、保管を依頼していたという。

 田中容疑者は神戸山口組に所属していた去年、堺市にある六代目山口組系の事務所に車で突っ込んだとして有罪判決を受けている。

 マンションの室内からは火薬200gや雷管なども見つかり、同課は室内で銃弾を作っていた疑いもあるとみて入手経路などを調べる。 

  

愛知県警:県内3ヵ所に「みかじめ相談所」を設置

 愛知県警は、指定暴力団・山口組系弘道会の会長ら会長ら10人が、みかじめ料を受け取ったとして県の条例違反の疑いで逮捕された事件を受け、名古屋市中区の栄交番など県内3ヵ所に「みかじめ相談所」を設置した。

愛知県警「みかじめ相談所」
愛知県警「みかじめ相談所」

  「みかじめ相談所」には、暴力団捜査を専門に行う警察官を配置し、暴力団が繁華街の飲食店などから徴収ている、みかじめ料や用心棒代などの相談に対応する。

  

風俗店経営者に現金を要求 弘道会系幹部らに中止命令

 みかじめ料を請求したとして、神奈川県警大和署は24日、同県大和市林間の指定暴力団・六代目山口組弘道会傘下組幹部、山本健一郎容疑者(41)と東京都北区に住む無職の男(38)に、暴力団対策法に基づく中止命令を発出した。

 同署によると、山本容疑者らは7月26日、同市内の風俗店を訪れ、同店経営者の男性(32)=平塚市=からトラブル対応などへの協力費という名目で現金を受け取ったほか、「また来月、俺から連絡するよ」などと、さらに現金を要求したとしている。男性が同署に相談に訪れたことから発覚した。

  

下関署員が留置中の強盗共謀の容疑者間のメモを配達

 山口県警下関署の留置管理課に勤務していた50代の男性巡査部長が、留置中の容疑者からメモを受け取り、施設内の別の容疑者に手渡していたことが24日分かった。県警監察官室は受け渡しの事実を認めたうえで「調査結果を踏まえ、処分を含め適正に判断する」と話している。

 監察官室などによると、巡査部長は今夏、勾留中の男からメモを受け取り、同じ留置場に勾留されていた別の容疑者にメモを手渡した。県警はメモの内容や男らの関係を明らかにしていないが、捜査関係者によると、男らはいずれも同県下関市内で発生した強盗事件で共謀したとして、8月下旬に再逮捕され、後に窃盗罪などで起訴された暴力団関係者らという。

 監察官室は「捜査上の影響はなかった」としている。

  

 | HOME | 


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事

リンク

QRコード


QR